よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS Asia枠が危ない!

<<   作成日時 : 2006/06/24 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 予選リーグが全て終わりました。この結果,Asia勢は前回決勝トーナメントに進んだ日本と韓国の他,Saudi Arabia,Iranの4カ国が全て消えました。

 勝ち星は韓国がTogoに勝った1つだけ,引き分けが日本(Croatia戦),韓国(France戦),Saudi Arabia(Tunisia戦),Iran(Angola戦)が各1試合で合計4試合。出場したAsiaの4カ国で勝ち点の合計は7,韓国がグループG組3位に入った以外は,残り3チームは全てグループ最下位という惨敗でした。
 6大会連続7度目の出場だった韓国は,自国以外で開かれたW杯で初勝利をマーク。日本も自国以外で初めて勝ち点を獲得しました。地元開催の優位を生かした前回の日韓大会では韓国が4位,日本が決勝トーナメント進出とAsiaの躍進を示せたようにに見えましたが,Europeで開催されている今大会では一転して厳しい結果となりました。そうすると,自国以外で開催された今大会における成績は,これでも収穫と見なければいけないのがアジア勢の現実かもしれません。
 それよりも問題になってくるのは,今回Asiaによる出場国が全滅したということは,10年のSouthAfrica大会の出場枠に響きかねません。今回はBahrainが北中米カリブ海地区とのPlay offに敗れたため,実際に出場したのは4カ国でしたが,枠はこのプレーオフを含め4.5ありました。次回はこの枠が減らされる可能性はかなり大きいです。3〜3.5程度でしょうか?
 しかも,Oceania代表で出場し,ベスト16に進んだAustraliaは,今大会終了後,AFCに移ってくることが決まっており,次回はAsia予選に出てきます。このため,枠が減らされれば,Australiaもライバルになる次回予選は,日本をはじめ,Asia諸国にとってこれまで以上に厳しいものになると思います。

P.S.
 日本代表の次期監督として,ジェフ千葉のOsim監督と交渉中であることが判明しました。
 日本には長身ディフェンダーがいないこと,その一方でボールの保持を可能にする高いテクニックを持つ選手が多いことを考えると,敏捷性という長所を伸ばすべきだと私は考えます。そういった意味で,この人選は非常に良い人選であると考えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ども。以前もTBありがとうございます。
ワールドカップが終わり、アジア枠が確定したら、また悩みましょうかね。
今回の結果については、ブーブーと文句を言いつつもこれからも日本代表を応援していきましょう♪
dgblue
2006/06/27 13:35
 御来場誠にありがとうございます。

 Australiaも惜敗してしまいましたので,Asia枠は多くても「4」といったところが妥当でしょう。
 今後も結果がどうであれ,日本代表を温かく応援していきましょう。
SPT-LZ-00X
2006/06/27 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
Asia枠が危ない! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる