よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 決勝トーナメントが始まりました

<<   作成日時 : 2006/06/25 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 日本代表は敗退してしまいましたが,ここからが本当に熱い戦いが始まります。面白そうな対戦も目白押し。試合開始時間も遅くなってきており,まだまだ眠れない日が続きます。(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)

【Germany 2−0 Sweden】
 開催国のGermanyが,ベスト8一番乗りを果たしました。
 ボール支配率63%が語るとおり,終始試合を優位に進めたGermany。4分,ペナルティエリア内に入り込んだKloseをGKが1対1となり,GKが弾いたボールをPodolskiが詰めて先制点。12分にもKloseが相手DF3人を引きつけ,Podolskiにパス,そのままPodolskiが決めて2点目。
 一方のSwedenにとって痛かったのは,DFのLucicルチッチがこの試合2枚目のイエローカードで退場してしまったことでしょう。この2枚目は,ちょっと厳しい判定だったような気もします。そして,最大のチャンスは51分。Larssonがエリア内で足を掛けられPKを獲得するも,そのシュートは枠を捉えられませんでした。(USA大会決勝のBaggioを彷彿させました。)
 この結果,Germany代表は戦後初の出場となった54年Switzerland大会から続くベスト8進出連続記録は「14」に伸びました(西ドイツ時代を含む)。あのBrazilやItalyでさえ,このような記録はないそうです。(いずれの国も66年のEngland大会にグループリーグ敗退を経験してます。)そこから考えても,(出場するだけでも大変なのに)どれだけ偉大な記録であるかということが容易に理解することができます。
 大会開催前の不調は何処へやら,前回大会の雪辱を果たすための好スタートを切ったと言えるでしょう。

【Argentina 2−1 Mexico】
 Mexicoは決勝トーナメント1回戦の壁をまた破ることはできませんでした。1−1で臨んだ延長戦で力尽き,4大会連続のベスト16止まりで今大会を去ることとなりました。78年Argentina大会で優勝した時のメンバーでもあったLa Volpe監督は,母国に行く手を阻まれた形になりました。
 エースのBorgettiが負傷から復帰したこの試合は攻撃にリズムが生まれ,先制。直後にCKから追い付かれたものの,持ち前のショートパスをつないで最後まで攻撃にリズムがありました。DF陣も組織的に動き,最後までArgentinaの攻撃陣を苦しめました。
 過去最高成績は70年と86年の自国開催のMexico大会時に2度経験した8強。並び追い越す夢は,06年のSouthAfrica大会以降に持ち越されました。
 Argentinaは,この苦しい試合を勝ち残ったことで,もしかしたら一皮むけたかもしれません。

 この2試合の結果,次の対戦はGermany vs Argentina。何とも盛り上がりそうな試合ですね。どちらが勝つかは・・・,秘密にしておきましょう。NHLPlay offsの時も,いつものジンクスが出て,予想(応援)した方がことごとく敗れ去るということがありましたから。(苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドイツvsスウェーデン:2−0
昨夜はちょっくら夜更かしをした結果、印象に残った選手のイラストを描く暇がないので今日はテキストのみである。日本の1次リーグ敗退を受けて、Jリーグの報道同様に一気に報道の扱いがしょぼくれた感は否めないが、世界的には決勝Tのこれからが本番である。サッカー好きの不肖が個人的に残念に思うところだが、こうした報道事情も日本にサッカーがしっかりと根付いていない証左かもしれない。例えばドイツ8強入りを伝える25日付エキサイトニュース・共同配信や、アルゼンチンの8強入りを伝える同エキサイトニュース・毎日配信、あ... ...続きを見る
時評親爺
2006/06/26 23:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決勝トーナメントが始まりました よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる