よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 決勝トーナメント3日目

<<   作成日時 : 2006/06/27 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 明日は人間ドックの日。夜は長いのに水以外の飲食は不可。つ,辛い。(苦笑)イヤな結果が出ないと良いなぁ。(´ヘ`;)ハァ

【Italy 1−0 Australia】
 Italyが,伝統の鉄壁の守備「Catenaccio」で8強入りを果たしました。50分にDFMaterazziが退場。1人少なくなったもののAustraliaの攻撃を無失点に押さえました。DFCannavaroを中心とした守備陣が奮闘。例の騒動の渦中にいるGKBuffonは好セーブを連発,マンオブザマッチに選ばれました。守備が目立つ半面,FWが目立ちません。この試合でも,ToniとGilardinoはチャンスをことごとく逃していました。攻撃陣も奮起すれば,4回目の優勝も視野に入ってくるかもしれません。(特に,例の事件のイメージを払拭したいでしょうし。)82年Spain大会のRossi,94年USA大会のBaggioのような存在が出てくれば,怖いチームになると思います。
 一方のAustraliaは,不運でしたね。後半ロスタイムのPKで負け。数的優位の終盤は,猛攻でItalyを押し込んでいたのですが,決めることが出来ませんでした。
 また,選手交代のカードですが,延長を見越して2枚残しておいたのが裏目に出たのかもしれません。Italyが,75分の段階で3枚とも使い切っていたのとは,対照的でした。
 とはいえ,Australia健闘を称えたいと思います。
 で,そのAustraliaですが,この大会終了後,正式にAFCに移籍して来ます。日本代表にとって,新たなライバル登場です。でも,今大会のAustraliaの活躍に免じて,Asia枠は−0.5で「4」位にしていただければ。

【Switzerland 0−0(PK0−3) Ukraine】
 52年ぶりの8強へあと一歩に迫っていましたが,0−0で迎えたPK戦,Switzerlandの3人ともゴールネットを揺らすことができない。
 PK戦で1人も決められなかったのはW杯史上初めてとのこと。ついでに言えば,出場チーム唯一の1次リーグ3試合無失点と合わせ,合計390分間1度もゴールを許さなかったSwitzerlandですが無失点のままW杯の舞台から去りました。これも史上初のことです。
 このPK戦の展開もスリリングでした。先行のUkraine,先鋒のShevchenkoがいきなり失敗。SwitzerlandのGKZuberbuhlerが見事にはじき返しました。Shevchenkoが止められたことで,Ukraineが受けた衝撃と重圧は計り知れないものがあったはずだと思います。
 しかし,この危機を救ったのが,Dynamo Kyivのユース時代からのShevchenkoの僚友GKのShovkovskiyでした。彼は,Switzerlandの第1キッカーであるStrellerのシュートをセーブ。二人目のBarnettaのシュートはクロスバーを叩き,3番目のCabanasのシュートもセーブ。その間にUkraineはShevchenko以降3人が連続して決め,決着が付きました。
 ここで,一つのターニングポイントだと私が思ったのは,延長27分にこれまでの3試合で2得点を上げていたFreiを交代させたことです。Kuhn監督によれば,「フレッシュなFWを入れたかった。」とのことですが,交代したLustrinelliはシュート数0でした。もし,彼がピッチに残っていて一人目としてシュートを決めていたら,PK戦の結果も変わっていたかもしれませんね。勿論,仮定の話ですけどね。(笑)
 この試合の結果,Ukraineにとってこの日の勝利は,単にベスト8への道が開かれたのみならず,チームの結束力をより強める勝利だったのではないでしょうか。何故なら,先日も記載しましたが,Ukraineは良い意味でも悪い意味でもShevchenko頼みのチームでしたが,このPK戦では一丸となってキャプテンのPK失敗をカバーし,一気に形勢逆転に持ち込むことに成功したからです。

 この2試合の結果,Italy vs Ukraineという対戦が決まりました。これも,敢えて予想はしません。応援しているチームが負けるのがイヤですから。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イタリア辛勝(同ウクライナはPK戦勝利)
昨晩も、前日に引き続き前半のみのライブ観戦で睡魔に襲われて、後半の観戦を断念した不肖である(笑)。JST24時開始のゲームをあと1時間前倒ししてくれないものか?と切に願うところではある(苦笑)。さてそのイタリアvsオーストラリアでは、アズーリ・イタリアが後半にDFのマルコ・マテラッツィ(インテル)を退場で欠きながらも、ロスタイムに後半途中出場のフランチェスコ・トッティ(ローマ)がPKを決め辛くもオーストラリアを下した(27日付エキサイトニュース・毎日配信及び同スポニチ配信)。昨晩不肖が(前半戦の... ...続きを見る
時評親爺
2006/06/27 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決勝トーナメント3日目 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる