よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア大会サッカー日本代表敗退!

<<   作成日時 : 2006/12/07 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
 眠い目をこすりながら見ていたにもかかわらずこの結果。しかも,1戦目の失点が響いて2次リーグ敗退まで決定。私の睡眠時間を返してぇ!!

 悲劇は繰り返されるとはよく言いますが,「ドーハの悲劇」は繰り返されてしまいました。
 この試合,日本は優勢に試合を進めていながらセットプレーでの2失点に泣きました。
 日本はセットプレーで先制を許しました。4分,DF辻尾選手がペナルティーエリアのすぐ外でファウル。約18メートルの直接FKを北朝鮮FWホン・ヨンジョ選手に決められてしまいましたが,直後の7分,MF増田選手の右クロスにDF一柳選手が逆サイドから飛び込み,体を投げ出しながらのヘディングシュートで同点。
 後半も日本がボールを支配しましたが,勝ち越したのは北朝鮮。63分,ゴール正面でMF本田拓がハンドの反則。約23メートルの直接FKにカベ7枚で備えましたが,MFキム・ヨンジュン選手に今度は左上隅に決められました。65分過ぎからは,日本が一方的に攻め立てましたが,北朝鮮のしぶとい守りの前に同点ゴールは奪えませんでした。
 この結果,日本はF組2位となり,A組2位のQatar,E組2位のIraqと勝ち点6で並びましたが得失点差で下回り,アジア大会2次リーグ敗退が決まってしまいました。21歳以下で臨んだアジア大会で厳しい現実を突きつけられた日本ですが,敗戦を教訓に来年2月にスタートする五輪予選で巻き返してもらいたいものです。

 さて,試合の感想はここまでとして,今回の大会について思ったことなどについて書いてみたいと思います。
 日本は今大会,規定のU−23ではなくU−21で臨み,認められているオーバーエイジ枠も使っていません。これは,先にも述べました北京五輪の2次予選に向けての強化という意図があり,是が非でも勝ちにいく大会という位置付けではなかったようなので,悪いことではなかったと思います。とはいえ,前回大会では準優勝していたので,今回のようにアジアの大会でグループリーグで敗退せずに,もっと上までいってもらいたかったのが正直な感想です。
 今回,ベストメンバーが組めなかったと言う問題もあり,反町監督が大きな課題としていたと思われるのが,右サイドバック。11月21日の韓国との親善試合で中村選手(福岡)が負傷してしまい,2次リーグは出場不可能。このため今大会では,中村選手に代わる右サイドの人材を見つける必要があったと思われます。
 今大会,実際に右サイドバックで起用されたのは辻尾選手(中央大)でしたが,この起用方法は正しかったのでしょうか?
 北朝鮮戦で喫した1失点目のFKは,辻尾選手が相手FWに裏を取られたためにやむを得ずファウルで止めたものであり,守備のポジショニングの悪さを意味していたように思われます。
 私は,1戦目と3戦目しか見ていないので,正しい意見がどうか分かりませんが,3バックで臨んだ初戦では,後ろにカバーしてくれるDFがいたため,ボールを持って仕掛けることもできましたが,右サイドが最後尾の1人となる4バックとなったこの試合では,なかなか突破を仕掛ける機会,善戦への飛び出しが殆ど見られませんでした。
 結局,反町監督の采配が正しくなかったのではないかと思います。前半で追いついたとはいえ,あまり機能していなかった辻尾選手を交代させず,もしくはポジションを変更させ無かったのは誤りのように思えるのですが・・・。
 とはいえ,アジアの過酷な環境の中で試合ができたことは収穫だったのではないでしょうか。第1戦で特に見られた判定基準の問題など,アジアのアウエー戦ならではの逆境を身をもって経験できたことは,来年の五輪アジア2次予選に向けて大きな収穫になったとは思います。
 今大会のように,曖昧な基準によって無意味なファウルを多く取られ,それが失点につながって敗れたということは,まだまだアジアの基準(必ずしも高いという意味ではありません。)に対応できなかったということを意味しています。この点については,今後改善の余地有りですね。

 ともかく,今大会では悔しい負け方で大会を去った日本。この悔しさを胸に,来年の北京五輪予選を頑張ってもらいたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アジア大会サッカー日本代表、北朝鮮に敗れ決勝T進出逃す
【アジア大会】関連ニュース ...続きを見る
サッカーニュース24
2006/12/08 01:55
アジアカップ/サッカー日本代表メンバー
東南アジア4カ国で共催されるAFCアジアカップ2007(現地時間7月7日から29日)に臨むサッカー日本代表メンバー23人です。現地時間7月9日にカタールとのグループリーグ初戦に臨み、その後は13日にUAE、16日にベトナムと顔を合わせる。今回のアジア杯はインドネシア、マ... ...続きを見る
サッカー日本代表@情報バンク
2007/07/05 08:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア大会サッカー日本代表敗退! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる