よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツネタ

<<   作成日時 : 2007/03/17 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 (´ヘ`;)ハァ,なんとか連敗からの脱出できましたが,3失点・・・。最終的には追いついて勝ち点1を取れただけで良し・・・とは言えませんねぇ。

 今回3得点出来たのは頼もしいと言えるかもしれませんが,何時も言うように失点が多いのは頂けません。
 今回の試合は攻守にチグハグな展開だったみたいでした。23分には右サイドを崩してFWマルキーニョス選手が決める理想的な攻撃で先制。しかし,その1分後には右CKからGK曽ケ端選手が不用意なポジショニングで千葉MF羽生選手のシュートを防げずに同点。27分には逆転を許し,後半開始直後も集中力が欠けて失点。去年も見受けられた守備の乱れは直ってないみたいですね。
 冷たいことかもしれませんが,曽ケ端選手の調子が上がらないようならば,GKの交代も視野に入れるべきかもしれません。
 ともかく,次の試合はナビスコカップの新潟戦。リーグ戦ではありませんが,初勝利を願いたいものです。

 F1のスーパーアグリチームが,昨年と打って変わって好スタートを切りました。参戦1年目の昨季開幕戦は2度のフリー走行ともワースト1,2でしたが,今年は22台中佐藤選手が11位と13位,デビッドソン選手が18位と11位。ホンダ,トヨタの日本勢と互角以上に渡り合っています。
 しかも,予選結果はチームにとって最高位の10番グリッドを獲得。3段階振り落とし方式の予選で佐藤琢磨選手は最終段階まで進出。1分28秒871で参加22台中堂々の10位。チームメートのデビッドソン選手も11位に付けた。
 その他の予選結果は,マクラーレンからフェラーリに移籍したライコネンが,1分26秒072でポールポジションを獲得。昨季王者アロンソ(ルノー→マクラーレン)は,1分26秒493で2番手から逆転優勝を狙います。
 トヨタの予選順位は8,9位。ホンダは14位と17位。決勝が楽しみです。

 AustriaGPといえば,89年中嶋悟氏を思い出します。あのレースではFastestLapをたたき出し,自己最高タイの4位に入りました。その中嶋ジュニアでウィリアムズのテストドライバーの中嶋一貴氏が上々の“F1デビュー”を飾りました。1回目のフリー走行で雨天の中,初走行にもかかわらず1分31秒401と6番手のタイムを計示。悲願のF1デビューへ,着実な第一歩を踏み出しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポーツネタ よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる