よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 西壁石の「飛鳥美人」を報道陣に公開

<<   作成日時 : 2007/05/16 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 昨日はビックリしました。一昨日まで何ともなかったのに,帰ってきてネットに繋ごうとしたらうんともすんとも言いませんでしたから。後になって原因が分かりましたが,最初は分けが分からずビックリしましたね。

 さて,本日も高松塚古墳に関するネタです。文化庁は,解体された極彩色の女子群像が描かれた西側壁を報道陣に公開しました。
 1300年ぶりに石室から取り出され,修理施設で保護のために張られていたレーヨン紙がはがされた,約40センチ四方の「飛鳥美人」は,赤や緑の鮮やかな衣装の色はとどめているものの,4人のうち3人の顔の描線が薄れるなど,劣化の深刻さも明らかになりました。
 「飛鳥美人」は,古墳近くの修理施設でガラス窓越しに10分間公開されたそうです。窓から西壁石までの距離は2メートルほど。衣の緑はモスグリーンに,赤は薄いもやをかけたように見える場所もあったそうですが,なめらかな描線や配色の鮮やかさは健在だったらしいですね。
 とは言っても,今回公開された際の写真と,1972年の発見時の写真と比較すると,左から3番目の女性像は現在も優美な表情が確認できるますが,ほかの3人は顔の輪郭がぼやけ,口紅ぐらいしか見えません。全体的にくすみが目立ち,周囲に黒いカビが繁殖,漆喰の表面は劣化によって毛羽立ち,ひび割れも進行,所々まだらに剥落しています。
 壁画は今後約10年かかるといわれる修理過程に入り,カビや汚れの除去,樹脂による漆喰の強化などをすることになります。一日も早い御回復をお祈りします。(?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西壁石の「飛鳥美人」を報道陣に公開 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる