よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS Wild Card Play offsの結果について

<<   作成日時 : 2008/01/10 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 先程までTennessee vs San Diegoの試合をNHK−BSで見ていました。その他の試合は,仕事や深夜だったために起きていられず(一部しか)見られませんでしたので,それらの試合は,ネットで見たスタッツや映像等からの感想等になります。

 まず最初に私の予想の結果ですが,2勝2敗でした。現地時間5日の2試合が当たりで,6日の2試合がハズレでした。

【Washington 14−35 Seattle】
 Seattleは,第3Qまでに13−0とリードを奪いますが,第4Q早々に連続TDを許して13−14と逆転されました。しかし,残り6分6秒にWRのD.J. HackettがTDレシーブをあげ,再逆転に成功。さらにCBMarcus Trufant,SJordan Babineauxの連続Intercept Return Touchdownで突き放し,Washingtonを振り切りました。
 また,Seattleは,Leroy Hill,Julian Peterson,Lofa Tatupuと先発LBトリオが揃って二桁Tackleを記録(assist含む。)しました。
 これでSeattleは3年連続のDivisional Play off進出で,Green Bayと対戦します。SeattleのMike HolmgrenHCにとって,Green Bayは1992年から1998年まで指揮を執り,1996年にはスーパーボウル制覇を成し遂げた古巣であり,QBMatt Hasselbeckはプロ最初の2年間をGreen Bayで過ごしているという因縁もあります。対戦が楽しみですね。

【Jacksonville 31−29 Pittsburgh】
 Jacksonvilleは,前半にPittsburghQBBen Roethlisbergerから3Interceptsを奪う守備陣の活躍で21−7と先行。
 しかし,Pittsburghは,第4Qに入って反撃を開始。怒涛の3連続TDをあげ,残り6分21秒に28−23と逆転。このまま勢いに乗るPittsburghが逃げ切るかと思われたましが,Jacksonvilleは残り1分56秒,敵陣43yards地点からのFourthdown and 2yardsというギャンブルでQBDavid GarrardがRunで32yardsのビッグプレイを決めました。これでFG圏内に入り,残り37秒にKJosh Scobeeの決勝FGで勝ち越し接戦を制しました。
 Jacksonvilleのプレイオフ勝利,Divisional Play off進出とも1999年以来となります。この結果,Divisional Play offの対戦相手はNew Englandに決まりました。

【New York Giants 24−14 Tampa Bay】
 New York Giantsは,QBEli ManningがPass27回中20回成功,185yards,2TDと活躍。試合はTampa Bayが先制しましたが,New York Giantsは第2QにRBBrandon Jacobsの連続TD(Runで1つ,Passで1つ)で逆転。後半に入っても勢いにのるNew York Giantsは10点連取でさらに突き放すと,Tampa Bayの後半の反撃を1TDに抑えて逃げ切りました。
 敗れたTampa Bayは,QBJeff GarciaがPass39回中23回成功,207yards,1TD,2InterceptsとPasser ratingが60.53でManningの117.06と比べて不調だったのが残念。しかも,今季Receive1,014yardsを上げたWRJoey Gallowayが,肩の故障もあって満足に出場できず,Receive1回9yardsのみに終わったのも痛かったと思います。
 New York Giantsは,攻撃陣がTurnoverなし,守備陣が2Interceptsを含む3Turnoversを奪取と,Tampa Bayのお株を奪う堅実な試合運びができたのが大きかったですね。
 因みにNew York GiantsはこれでPlay offの連敗を3で止め,最後にSuperBowlへ出場した2000年以来となる勝利となりました。この結果,Divisional Play offの対戦相手はDallasに決まりました。

【Tennessee 6−17 San Diego】
 San Diegoは前半を終え0−6と先行されましたが,第3Qに10点をあげて逆転。
 さらに,第4Q残り8分45秒に,敵陣1yard地点からのFourthdownギャンブルでRB LTが技あり(?)TDをあげて突き放しました。San Diegoは,QBPhilip Riversが,Pass30回中19回成功,292yards,1TD,1INTのPasser rating92.64と活躍。
 また,エースTEAntonio Gatesが,第2Q終盤に左足のつま先を傷めて途中退場というトラブルがありましたが,WRChris ChambersがReceive6回121yards,WRVincent JacksonがReceive5回114yards,1TDとWR陣がGates離脱の穴を埋めました。
 一方,敗れたTennesseeは,LTのRunを42yardsに抑えるなどSan DiegoのRunをトータルで68yardsに封じましたが,RiversのPassを止めることができず,また,QBVince Youngは,Pass29回中16回成功,138yards,1INTでPasser rating53.53,Run2回12yardsと不本意な成績で,プロ2年目でのPlay off初出場で本領を発揮できませんでした。
 これで,San DiegoのPlay off連敗が3でストップ,最後にSuperBowlに出場した1994年以来となる白星をあげました。この結果,Divisional Play offの対戦相手はIndianapolisに決まりました。

 どの対戦も面白そうですね。来週(今週末)が楽しみですね。予想はいずれ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wild Card Play offsの結果について よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる