よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜敗,ACL!!

<<   作成日時 : 2009/06/25 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
 ACLの試合,放送していただけるのはありがたいのですが,夜中の1時からは辛いです。眠いです。日本のチーム同士の対戦だったので,昨日の19時からの放送がG大阪 vs 川崎だったのはしょうがないと思いますが,今日の19時からも放送があるんなら,鹿島アントラーズの試合は,こっちにして欲しかったですねぇ。(苦笑)

 ACL決勝トーナメント1回戦,ホームにFC Seoulを迎えた鹿島アントラーズ,延長含め120分でも決着が付かず,PK戦の末,4−5でFC Seoulの軍門に下ってしまいました。先制しては追いつかれ,勝ち越しては同点にされるという,鹿島の負けパターンとなる嫌な流れが,この結末を予感させてくれました。( ^.^)( -.-)( _ _)orz
 この結果,昨シーズン同様,またしても決勝トーナメント初戦でアジアの舞台から姿を消すこととなり,「鹿島アントラーズはAsiaでは勝てない。」という「内弁慶」のイメージを払拭する機会を失う,実にもったいない結果になってしまいました。(1回戦も,準々決勝や準決勝みたいにホーム&アウェイにしてくれれば良かったのに。)

 試合序盤の5分,相手DFのクリアミスを拾ったFW興梠選手(日本代表岡田監督見てますか!?)がGKと1対1となり,そのまま冷静にゴールに流し込み先制。早い時間で先制点を奪った鹿島でしたが,その後は韓国勢らしい体の強さに加え,組み立てのうまさも併せ持ったFC Seoulの速いパス回しやゴール前でのドリブル突破に苦戦を強いられ,22分,遂に同点ゴールを献上。その後も,何とか運にも助けられた鹿島は,どこかチグハグした内容のまま前半を終えました。
 後半に入ると再び鹿島のペースに。50分,左サイドMF小笠原選手のCKを中央のDF岩政選手がヘディングシュート。久しぶりに彼のゴールが見られると思ったのですが,これは惜しくも相手GKの好セーブにあいゴールならず。しかし,連続して得た次のCK,小笠原選手からのボールに今度はMF青木選手が頭で合わせてゴール。その後,焦りからかラププレーが多くなったFC Seoulに対し,試合を有利に進める鹿島が次第に試合をコントロールし始めました。
 しかし,64分,小笠原選手がこの日2枚目のイエローカードで退場,すると流れは一気にFC Seoulへ。ここでオリヴェイラ監督は,間髪入れずに先制点の興梠選手に変えてMF中田選手を投入。FWマルキーニョス選手のワントップにして守備を固めましたが,78分に直接FKを決められてしまい,試合は2−2の振り出しに。
 その後も数的不利な状況で攻め込まれる鹿島は,MFダニーロ選手を投入,同点のまま延長戦に突入しました。
 延長に入ると一進一退の攻防が続き,マルキーニョス選手が最後尾まで戻って守備をするなど,全員が気持ちの入ったプレーを見せてくれました。しかし,中田選手のヘディングシュートがポストに直撃するなど,延長戦ではボールを支配したものの運にも見放され,結局,決定機を生かせず試合はPK戦へ。
 PK戦では,守護神曽ヶ端選手が,相手の1人目を体で,4人目を右腕で止めるなどの大活躍を見せてくれましたが,サドンデス7人目,日本代表DF内田選手の「ゴロを蹴ろうと思ったが,GKが動いたのが見えたので浮かそうと思った」というボールがゴールバーを越える痛恨のミスキックで万事休す。結局4−5で敗れ鹿島のACL制覇の道が途絶えることとなりました。

 この試合一番の誤算はやはり,64分に主将の小笠原選手が2枚目の警告を受けて退場となったことですね。第2節(3月15日)に新潟に負けて以来公式戦16戦負けなしだった鹿島の強さは,昔,3冠を達成した頃のように,リードした後のゲームコントロール(タイムコントロールやボールコントロール)のうまさにあったと思います。それだけに,攻守の大黒柱を失ったダメージは計り知れず,一度崩れたバランスは最後まで挽回しきれませんでした。
 PK戦での敗退という内容だったため,精神的なダメージはあると思いますが,28日(日)には大分戦があります。気持ちを切り替え,史上初のリーグ3連覇に向けて突き進み,この悔しさを来年のACLで優勝することで晴らして貰いたいと思います。

 さて,一方のJ2の第23節ですが,水戸ホーリーホックはアウェイで岡山と対戦,1−0で下し,2連勝を飾りました。今季通算成績は10勝6分け7敗勝ち点36,徳島が負けたため,5位に再浮上しました。
 パブリックビューイングを見に行った知り合いの話及び新聞報道によれば,水戸は11分,FW吉原選手の2試合連続となるゴールで先制。その後チャンスは少なかったそうですが,堅い守備で相手に得点を与えず完封,そのまま逃げ切りました。
 しかし,入場者数は岡山の今年度ホーム平均の半分以下(3,084人)でした。自分達のホームでも入場者数は少ないですが,相手にまでそれを波及させては・・・。(苦笑)
 それはさておき,次はホームでC大阪戦。5位から9位までが勝ち点3差にひしめくJ2です。仮に勝てないまでも,勝ち点1を獲得してもらえればと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガンバACLベスト16敗退で連覇が消滅
ACL決勝トーナメントのガンバ大阪VS川崎フロンターレで ガンバがホームでレアン2ゴールも3対2で連覇が消滅だ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2009/06/28 08:25
サッカーボールの「氷」で呑む!祝杯あげるならこの氷!
丸い氷でお酒を飲みたい人が多いようですが、サッカーファンならサッカーボールの形をした氷でお酒を飲みたいですよね?アントラ−ズファンなら、レッドアイにして!そんな製氷.......... ...続きを見る
サッカーボールの氷ができる製氷皿のことな...
2009/06/28 21:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
惜敗,ACL!! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる