よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島独走態勢へ!!

<<   作成日時 : 2009/07/01 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 ACL出場のため飛ばされていたJ1の試合が行われ,鹿島アントラーズはアウェイで名古屋と対戦。FW興梠選手,MF野沢選手,FWマルキーニョス選手のゴールで3−0と圧勝しました。守っても,リーグ最少失点を誇る守備陣が高い集中力で名古屋の攻撃を封じ込めて完封しました。これで鹿島はリーグ戦8連勝。同じくACL出場のためこの日試合があり,G大阪に1−0で勝利して2位に浮上した川崎との勝ち点差は8となっています。

 鹿島,圧勝でリーグ3連覇に向け独走体勢突入!!って感じですね。
 6月24日のACL決勝トーナメント1回戦FCSeoul戦に敗れた後,28日の大分戦に続くアウェー2連戦となったこの試合,まずは22分,見事なコンビネーションからの先制点を奪いました。
 名古屋のボールを奪ってから,右サイドを駆け上がるDF内田選手へのロングフィード。そこから,ペナルティーエリアに進入したMF本山選手へボールが渡ると,本山選手はマルキーニョス選手と綺麗なワンツーを決め,最後はゴール前の興梠選手が本山選手からのグラウンダーのクロスをダイレクトで叩き込み今季6ゴール目,名古屋の出鼻をくじきました。
 そして,圧巻だったのは43分の2点目のシーン。MF朴選手が左サイドを突破してクロスを上げると,本山選手,興梠選手,マルキーニョス選手がスルー。野沢選手が左足でゴールを決めました。(写真)名古屋のDF陣はただ眺めているだけという感じでした。久しぶりに,相手DFを手玉に取る美しい流れの攻撃でした。
 後半に入っても鹿島の堅守が光り,貪欲に3点目を狙いに行きます。53分,野沢選手のパスを受けた本山選手が強烈なシュート!これは興梠選手に当たってしまいましたが,そのこぼれ球はマルキーニョス選手の前に。この好機を見逃さずゴール右隅に決め,3−0と試合の行方を決定づけました。
 その後も最終ラインの体を張った守備と,GK曽ヶ端選手の安定したセービングで名古屋に一分の隙も与えず,特に,65分過ぎから3度あったピンチも曽ヶ端選手がスーパーセーブを見せ,今季リーグでは初となる3得点で7度目の完封劇。攻守一体の鹿島が完勝で首位の座を盤石にしました。
 試合当日まで,故障を抱えたマルキーニョス選手と野沢選手の出場が微妙な状況で,30日にはFW佐々木選手とMF遠藤選手を緊急招集したほどでしたが,二人ともゴールを挙げるなどチーム力の高さを見せつけました。

 この勝利で,3月15日の新潟戦に敗れて以来,リーグ戦は13戦負けなしの11勝2分(8連勝)をマーク。2位川崎との勝ち点を8差とし,J1が1シーズン制になった05年以降,第15節終了時点での最大差になりました。
 次節もACL組で現在6連勝中で2位につけている川崎が相手。もし次節に勝てば,3位の新潟,4位の浦和が勝利したとしても勝ち点差は二桁となります。
 ACLを勝ち残っている名古屋に大差をつけて勝てたことは,今後の自信につながると思います。是非とも次節は,2位との直接対決ということもありますし,ACL勝ち残り組の川崎との対戦です。簡単には勝てない相手だとは思いますが,必ず勝利して,史上初のJ3連覇へ,独走態勢に入って貰いたいと思います。

 そうそう,曽ケ端選手,御長男誕生おめでとうございます!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第15節ガンバが横浜に勝利&他チームの結果
J第15節のガンバVS横浜Fマリノスは2対1でガンバ勝利し ガンバはアウェーも遠藤&橋本ゴールで勝利して勝点23だよ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2009/07/05 09:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿島独走態勢へ!! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる