よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本代表,オランダに惨敗

<<   作成日時 : 2009/09/07 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

画像
 最近,またもや更新が遅れています。パソコンは,先日のオーバーホールで騙しながらも使えているのですが,K子さんの出産が間近なので,子供達の面倒を見たり等そちら関連の対応に追われていてなかなかパソコンをいじっている時間がありません。でも,元気な赤ちゃんを産んで貰えるならってところです。

 さて,日曜日はせっかくの「仮面ライダーW」第1話放送日でしたが,所用のため出掛ける必要があったので,未だ冒頭しか見られませんでした。後でK子さんの実家から,出産後にでも,報告を兼ねて借りてこようと思っています。(苦笑)
 見られた部分で,またもや県庁が爆破されていたので,用が済んだ後,わざわざ県庁を廻ってきてしまいました。勿論,県庁舎は無事であるべき場所にありましたけど。(笑)

 さてさて,日本代表は5日,アウェイでFIFAランク3位のNetherlandsと対戦しましたが,(私とK子さんの予想どおり)0−3で完敗しました。
 前半の日本は,はるか格上のNetherlandsに決定機を与えることなく,互角以上の戦いを見せていました。
 前線から積極的なプレスで相手を囲み,ボールを奪うと高いポゼッションで試合を支配できていたこと,セカンドボールをかなりの確率で奪取していたこと,攻守の切り替えが早かったこと,そしてスルーパスやサイドチェンジがよく通っていたこと等,いい動きが見られました。
 しかし一方で,何度もチャンスをつくりかけながらものにできず,シュートは枠に行かず,思い切りの悪さも相変わらずでした。シュート数はNetherlandsの上だったにもかかわらず,入りそうな気がしなかったと言ったら言い過ぎですが,そんな感じでした。
 前半を0−0で折り返したのは出来すぎという感じでしたが,何で1点が取れないかなぁという感じの方が強かったですね。
 後半に入ると日本は明らかに別のチームに。後半はスタミナ切れしたように守備が崩壊。前線から機能していた守備がほころび,岡田監督がいう「組織的なサッカー」は崩壊。受け身に立ち始めるといつもどおりに徐々にミスが増え,ゴールを脅かされました。
 そして遂に69分,わずか2本のダイレクトパスからRobin van Persie(Arsenal FC)に左足でゴールを決められ,その4分後にはWesley Sneijder(FC Internazionale Milano)に中央から力強いミドルシュートを決められてしまいました。いずれも守備陣の体の寄せが甘かった様に見えました。
 さらに42分,Klaas Jan Huntelaar(AC Milan)にダメ押し点を許しました。第2次岡田監督下の日本代表としては,08年8月のUruguay戦に並ぶ最多失点となってしまいました。

 「日本が勝手に疲れて止まった。あのサッカーは90分間できない。」Netherlands代表DF Joris Mathijsen(Hamburger SV)は,日本代表の戦いぶりをこう評したそうです。
 にもかかわらず,岡田監督は戦術は変えないと明言。「90分は持たないということはだいたい予想がついていた。」「これから時間を延ばさないといけない。」「持つようにする。」と興奮気味に話したそうです。
 ・・・,ハァ?本気で言ってます?90分持つようにする?選手を何だと思ってます?選手のことを機械か何かだと思ってません?
 実際にこの試合に出場した選手の中にも「闇雲にプレスに行くのではなく,向こうのセンターバックのボール運びを見て,自分が『行ける。』と思ったときに行って,それを周りが連動してという動きを何回できるかだと思う。」,「ハイプレスのまま90分間プレイすることは難しい。行けるときは行って,休むときには休むようなメリハリを付けていかないといけない。」と状況に応じた判断の必要性を語っています。
 これって,ある意味選手が暗に監督を批判しているようにも聞こえます。今からでも遅くありません。監督を交換して,あと9ヶ月しかない期間を有効に活用して強化していきませんか?
 もちろん守備が悪いだけではありません。前述のとおり,点を取れない,シュートが枠に飛ばない,シュートを打たない,打てない。W杯Asian3次予選,最終予選,親善試合を通じて,日本サッカーが常に抱える問題は,この日もまったく進歩なく存在していました。そちらも何とかしなくてはと思いますが,どうしても国内のJリーグでは,外国人ストライカーが目立っていますからねぇ。
 今回の対Netherlands戦は当初から,現日本代表にとっての「Saint-Denis(France代表に0−5で大敗)」になるのではと言われていました。そういう意味では,現時点で足りないモノがはっきりとした敗戦は,強化の方向を確認する上では必要なことだったかもしれません。
 当時のトルシエ監督率いる日本代表は「Saint-Denis」の手痛い敗戦から多くを学び,それを本大会でのベスト16に繋げた過去がありました。現日本代表はこの敗戦から何を学び,何を本大会に繋げていくのかが非常に気になるところです。

【オマケ】
 さて,J1はナビスコカップの準決勝開催のためリーグ戦はありませんが,J2は通常どおり開催されました。
 第38節,水戸はアウェイで横浜FCと対戦,1−1と2戦続けて引き分けました。これで今季の通算成績は19勝10分け9敗,勝ち点67で5位のままです。
 この試合,水戸は終了間際にFW荒田選手がDF鈴木選手のパスに頭で合わせて先制したましたが,その直後,相手に同点弾を決められてしまいました。
 やはり,上を目指すためには,取りこぼしをしないことが大切ですね。取り敢えず,今節も勝ち点1だけでも取れたことを良しとしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オランダに完敗
3−0での完敗。とはいえ、最初からこれぐらいは取られるだろうとは思っていたけど(^^;) とにかく後半20分過ぎに日本選手が一斉に電池切れ(^^;) ぴったり足が止まってしまったところをオランダにズタズタにされた。 試合途中で激しい雨が降ったりして、体力を奪われたの.. ...続きを見る
勝手な言い分
2009/09/09 08:20
オランダに後半20分から3失点して敗戦
欧州遠征1戦目の日本VSオランダは3対0で日本が負けた ...続きを見る
スポーツ瓦版
2009/09/10 09:26
所詮はこんなもの・・・オランダ 3−0 日本 @蘭エンスヘーデ
国際親善試合 ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2009/10/03 08:53
所詮はこんなもの・・・オランダ 3−0 日本 @蘭エンスヘーデ
国際親善試合 オランダ 3−0 日本 ...続きを見る
ゆぐどらしる えくすぷれす Ver .2
2009/10/03 09:43
本田圭佑VSジュビロGK川口
サッカーの醍醐味の一つにセットプレーがあります。今回も本田圭佑のフリーキックです。Jリーグ2006年5月7日名古屋グランパス対ジュビロ磐田。2対1でリードされていた名古屋グランパスに後半31分フリーキックのチャンスが訪れます。もちろん、キッカーは本田圭佑。ゴールまでかなり距離はありますが、本田圭佑の得意な位置です。というか、このあたりは左利きのフリーキッカーが好む位置ですね。本田圭佑も自信を持... ...続きを見る
サッカー侍本田圭佑欧州を斬る!
2009/10/08 20:34
本田圭佑フィジカル
本田圭佑の今回の映像は今までとはかなり違います。サッカーでは避けられないシーンが2つ。対ヘラクレス戦。これまではフリーキックを含め得点シーンやアシストがほとんどでしたが、今回はそれらがまったくありません。接触プレーのシーンです。本田圭佑はボールを奪われそうになり、相手選手を足払いをしてしまいます。負けん気の強さがうかがわれるシーンです。2つめは体当たり。勢い余ってそのまま相手にぶつかった感じがします。故意ではないと思います。自然に体が流れて行った方向にたまたま相手選手がいた。... ...続きを見る
サッカー侍本田圭佑欧州を斬る!
2009/10/18 09:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本代表,オランダに惨敗 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる