よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS Wild Card PlayOffs2日目の結果について

<<   作成日時 : 2010/01/12 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 それでは,前稿の最後に記載しましたとおり,現地時間1月10日開催分のWild Card Playoffsの(予想と)結果について書きたいと思います。
 勿論,こちらに記載した予想も,私の独断と偏見によるものであることを御了承願います。









画像【Baltimore Ravens at New England Patriots】
 Week4では,HomeのNEが27−21で勝利した両チームの対戦,私の予想としては,平均失点でリーグ3位と鉄壁さは健在だったBALですが,やはりHome,Tom Bradyということから考えて,「NEが勝つ」と予想していました。
 その結果ですが,こちらもNHK−BSで(仕事から帰ってきてから)先程まで見てましたこの試合,第6シードのBALが,第1QにTurnoverから24点を連取すると,あとはRunだけで計234yards獲得と地上戦を支配,第3シードのNEを33−14で破る番狂わせを起こしました。
 因みにNEは,1998シーズン以来のPlayoffs1回戦敗退となり,Homeでの敗退となると,(テレビ中継の中の情報によれば)何年かは忘れてしまいましたが,Houston Oilers戦以来とのことで,Home連勝記録は11で途切れてしまいました。
 BALは,RBのRay RiceがRun22回で159yards,2TD,同じくRBのWillis McGaheeがRun20回で62yards,1TDとRun Offenseが機能。
 守っては計4Turnoversとビッグプレイを連発。Defenseが奪ったTurnoverをOffenseが確実に得点へとつなげ,攻守がしっかりとかみ合っての快勝でした。
 しかも,第1Qでの24得点は,Playoffs歴代2位の記録と放送していたような覚えも・・・。(不確実で申し訳ございません。)
 一方のNEは,QBのBradyがPass42回中23回成功,154yards,2TDを挙げたものの3INT,1Fumble Lost,Passer rating 49.11とまさかの大乱調。その上,今シーズン League1位のReceive数を記録したWR Wes Welker欠場の穴を埋めることはできず,Randy MossもReceive5回で48yardsと抑えられてしまい,Total Net Yardsはわずか196yardsとBALのDefenseに押さえ込まれてしまいました。。
 この結果,BALは第6シードのため,次週は第1シードのIndianapolis ColtsとAwayで対戦することになりました。
 そういうわけで,予想は大ハズレということでした。NEファンの方ごめんなさい。

画像【Green Bay Packers at Arizona Cardinals】
 Week17では,AwayのGBが33−7と快勝していましたが,今回もARIのHomeで2週連続の対戦でした。
 私の予想としては,Awayという点からいえば不利かもしれませんが,やはり前の週が完勝だったという流れもあるので,「GBが勝つ」と予想したかったのですが,やはりNFC WestのTeamに勝ってもらいたいということもあり,「ARIが勝つ(勝って欲しい)」と予想しました。
 この試合ですが,こちらはNHK−BSで木曜日に放送されるので,仕事から帰ってきたら見ようと思っています。その結果ですが,Overtimeの末に,第4シードのARIが両Team併せて13TDの乱戦を制し,51−45で勝利しました。両Team合計96点はPlayoffs史上最多得点。(因みにこれまでの記録は,1995年12月30日のDET at PHI戦の37−58でPHIが勝利,計95点)13TDも,Postseason記録となる,正に「死闘」だったようです。
 試合はARIが最初のPlayでいきなりINTを奪うと,直後のDriveでRBのTim Hightowerが先制のTD Run。更に,Turnoverから得点をあげて第1Qで17−0とリード。
 そして,24−10で迎えた後半最初のDriveで,QBのKurt WarnerからWRのLarry FitzgeraldへのTD Passが決まり,点差を21点にまで広げましたが,そこからGBが猛反撃を開始。ARIは次々とTDを奪われてしまい,第4Q残り約11分には38−38と追いつかれてしまいます。
 その後,ともに1TDを入れ合った後,ARIは残り14秒からKのNeil Rackersが34yardsのFGを蹴るが,まさかの失敗でOvertimeに突入。
 更に,Coin TossでGBが攻撃権を得たことによりGBが有利に。しかし,ここでDBのMichael AdamsがGBのQB Aaron RodgersをSack。これでRodgersがFumbleし,彼の足に当たって浮いたボールをARIのLB Karlos Dansbyが捕球し,そのままEndzoneへと駆け込むFumble Recover TDで劇的な勝利を収めました。
 しかし,AdamsがSackした際,RodgersのFacemaskを掴んでいたらしいです。このPlayについては,守備の反則で無効ではないのかとの声も上がっているそうですが,当事者であるRodgersは,あくまで敗戦の原因は自身のミスにあるとして,審判の判定について不満はなく,この結果を受け入れるようだとのこと。なんて男らしい。とはいえこの疑惑のPlay,今度のテレビ放送で確認したいと思います。
 この試合,ARIのWarnerは,Pass33回中29回成功,379yards,5TD,Passer rating 154.11と大暴れ。RBのBeanie WellsもRun14回で91yardsをあげ,Offenseは文句なしの内容でした。
 一方,GBのQB Rodgersは,Pass42回中28回成功,422yards,4TD,1INT,Passer rating 121.33とWarnerにひけをとらないPlayを見せましたが,最後の最後に痛恨のTurnoverを喫してしまいました。
 この結果,2年連続のSuperBowl出場へ第一関門を突破したARIは,Divisional Playoffsで第1シードのNew Orleans Saintsと対戦することになります。
 そういうわけで,最後の試合も(一応)予想は当たったということでした。(笑)

 以上,今回の予想結果は(一応)3勝1敗ということでした。(証明は出来ませんが。)Divisional Playoffsの予想については,遅れないように今週末に必ず掲載したいと思っております。
 今年も,これからSuperbowlまで,予想や観戦記等を例年どおり掲載していきたいと思います。願わくば,私が疫病神とならないことを祈るのみです。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wild Card PlayOffs2日目の結果について よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる