よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS アイスホッケー男子,Canada敗れる!

<<   作成日時 : 2010/02/22 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 この大一番,見たかったなぁ。でも,特に見たかった試合のテレビ放送があったのは日本時間の午前10時頃。そんな時間帯じゃ仕事で見られないよぉ!!何がって?それは勿論,冬季オリンピック(私にとって)の醍醐味であるアイスホッケーですよ。しかも,Sweden(前回金メダル)vs Finland(前回銀メダル)!Russia vs Czech!!USA vs Canada!!!こんなに魅力的なカードがあるでしょうか,いや無い。(反語)



 さて,現地時間21日,アイスホッケー男子は1次リーグを行い,A組はレークプラシッド大会以来30年ぶりの優勝を目指すUSAが,2大会ぶりの金メダルを狙う地元Canadaを5−3で破り,3戦全勝の勝ち点9で準々決勝進出を決めました。
 一方,勝ち点5のカナダは準々決勝進出決定戦に回ることになります。
 B組のRussia vs Czechは4−2でRussiaが勝利,勝ち点7で8強入りを決めました。Czechは勝ち点6。
 C組は勝ち点6で並ぶ前回金メダルのSwedenと前回銀メダルのFinlandの対戦は,3−0でSwedenが快勝。勝ち点を9に伸ばし,同6のFinlandと共に準々決勝に進みました。
 1次リーグはこの3試合で終了。3組全12チームの上位4位までが現地時間24日の準々決勝に進み,5位以下の8チームは同23日の準々決勝進出決定戦に回ります。

 Canadaは,常にUSAに先手先手を許す苦しい展開でしたが,大声援を後押しに粘りました。第3ピリオド残り約3分でエースのSidney Crosby(Pittsburgh Penguins)のゴールで1点差とし,一度は逆転の期待も膨ら見ましたが,試合終了間際,同点を目指してEmpty Netで攻撃をしかけましたが,無情にも敗戦を決定づけるUSAの5点目が,無人のCanadaのゴールに吸い込まれてしまいました。残念!!
 因みに,この試合でUSAは,'60年スコーバレー五輪で,USAが初めて五輪の舞台でCanadaを破った時に身に付けていたユニホームのレプリカモデルを着て試合に臨んでおりました。
 さてこの試合ですが,スタッツを見てみると,CanadaのgoaltenderはMartin Brodeur(New Jersey devils)が先発。Goaltenderとして,NHL歴代最多出場記録,NHL歴代最多完封試合記録を持つ彼ですが,この日はクリアミス等の場面がいくつかあった模様で,精彩を欠いていたようにみえたとのこと。受けたシュートの数も,全部で22本と少ない中での5失点と,NHLでの彼の活躍と比較すると悔やまれる結果になりました。
 一方,USAのgoaltenderであるRyan Miller(Buffalo Sabres)は,Brodeurの倍の45本ものシュートを受けながらも3失点と素晴らしい出来でした。
 全てとはいえませんが,Goaltenderの出来が勝利を左右する一因となったかもしれませんね。

 また,準々決勝進出決定戦以降の組み合わせが決まり,Canadaは8強入りを懸けて現地時間23日にGermanyと対戦,同24日の準々決勝はRussiaと対戦するという厳しい組み合わせとなりました。
 1次リーグ3戦全勝,全体1位で準々決勝に進んだUSAは,Switzerland vs Belarusの勝者との顔合わせ。準々決勝進出決定戦では,長野五輪金メダルのCzechがLatviaと対戦,勝者は準々決勝でFinlandと対戦することになります。1次リーグでRussiaを破ったSlovakiaはNorwayとの顔合わせで,勝者は前回トリノ大会金メダルのSwedenと対戦することになります。
 地元開催ということからも,金メダルは至上命令と思われるCanada,今後の巻き返しに期待したいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイスホッケー男子,Canada敗れる! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる