よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島,ACL3連勝

<<   作成日時 : 2010/03/24 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 ACL1次リーグ第3節,序盤は点が奪えずにいた鹿島アントラーズでしたが,DF新井場選手の先制ゴールを皮切りに5得点を奪い,ホームでIndonesiaのPersipura Jayapuraに5−0と快勝しました。これで鹿島は無傷の3連勝,グループ首位の座をがっちりとキープ,30日の第4節,アウェイでのPersipura Jayapura戦の結果次第で1次リーグ突破の可能性も出てきました。

 気温5.2度。時折ミゾレ交じりの冷たい雨が降りしきる中,MFフェリペ・ガブリエル選手が右ひざ負傷で6週間程度の長期離脱,MF中田選手が出場停止という状況で,自陣深くに引きこもり,守りを固めるPersipura Jayapura相手に序盤はなかなか形を作れませんでした。
 しかも,親しみ慣れた4−4−2ではなく,前述の2人がいないということもあって3トップという布陣で臨んだ鹿島でしたが,前線でのコンビネーションをうまく確立できず,時間だけが過ぎていきました。
 押していながら点の入らない嫌な雰囲気が漂っていた39分,ラッキーな形で先制します。左サイドの新井場選手が右足で上げたクロスが相手ゴールへ直接突き刺さり先制。
 これで1−0とした鹿島は,前半終了直前のロスタイムにもMF小笠原選手のCKからDF岩政選手が頭で落とし,そのこぼれ球をFWマルキーニョス選手が押し込み2点目。
 しかし,格下相手,攻撃的な布陣といったところから考えれば,もう少し得点が入っていても良かっただけにどこかチグハグな雰囲気のまま,前半を折り返しました。

 後半に入ってもなかなかエンジンのかからない鹿島でしたが,66分にPKを小笠原選手が冷静に決めるとその2分後,MF野沢選手のパスを受けたDF内田選手が右サイドを駆け上がり,鋭い切り返しから左足でスピードのあるクロスをゴール前へ。これをFW大迫選手がスライディングボレーで見事に決めてリードを4点に広げました。
 そして76分には,鹿島らしいカウンターからFW興梠選手がきれいなクロスを入れ,マルキーニョス選手がダイレクトで合わせ,5点目。
 その後,大量リードを手にしたオリヴェイラ監督はMF遠藤選手,MF小谷野選手,そして,DFジウトン選手と言った若手選手をピッチに送り出しました。その起用に応えるかのように,これが公式戦デビューとなった小谷野選手が得意のドリブルで仕掛けると,遠藤選手は遠い距離からも積極的にシュートを放ち,前節の全北戦に続くゴールを狙いました。
 ジウトン選手も持ち味である突進力を発揮して前線でのチャンスを作り出す等,鹿島は最後の最後まで前に出て攻め続けました。
 結局,その後の得点はなりませんでしたが,終わってみれば5−0の圧勝。とはいえ,鹿島が放ったシュートは37本。しかも,日本代表FW興梠選手が不発に終わる等,決定力に課題は残りましたが,確実に勝ち点3を掴み,グループFの首位の座を守りました。
 しかし来週にはすぐJakartaでのアウェイゲームが待っています。春とは思えないほど冷え込んだ鹿嶋市から,熱帯のJakartaへ。間には,Jリーグの試合も入ります。コンディションを整えるのが大変だとは思いますが,勝利を目指して頑張って貰いたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿島,ACL3連勝 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる