よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際親善試合 日本 vs England

<<   作成日時 : 2010/06/01 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

画像

 サッカー日本代表は,AustriaのGrazで国際親善試合のEngland戦に臨みました。しかし,何でこの時間だったんですかねぇ。裏番組の「新参者」を見たかったんですけどねぇ。月曜日のこの時間だったら,他に見たいテレビがないから良かったのに。(苦笑)



 この試合,日本代表は闘莉王選手のゴールで先制したものの,2本のOGを献上し1−2と逆転負けを喫しました。この結果を惜敗といって良いかどうかは微妙なところですが,ここ何試合かと比較すると,それなりに見られるような試合でした。いろんな意味で面白かったですし。何しろ,日本代表は3得点!それでも勝てないんですから。(爆)

 スタメンについてですが,日本代表は「4−1−4−1(4−1−2−2−1?)」のフォーメーションで,中盤の底,アンカーがMF阿部選手(本調子であればMF稲本選手でしょうか?),左足首に負傷を抱える中村俊輔選手がベンチスタートというのは予測できましたが,GK川島選手が先発だったことには少々驚きました。
 一方のEnglandは,Ashley Cole,Rio Ferdinand,John Terry,Frank Lampard,Wayne Rooney,Theodore Walcottと蒼々たるメンバーがスタメン入りを果たしました。(これでも,Jamie Carragher,Joe Cole,Steven Gerrard,Emile Heskey等がスタメンじゃないんですから。すごいですよねぇ。)

 さて試合の方ですが,日本代表は7分,MF遠藤選手のグラウンダー気味のCKからDF闘莉王選手が右足で合わせて先制。前半の終盤はイングランドに攻め込まれる場面も見られましたが,1−0とリードして試合を折り返しました。
画像
 後半になると,EnglandはGerrard等5人を一気に投入し反撃に出ます。55分にはLampardのFKをペナルティーエリア内の本田が手で防いでしまい,EnglandにPKを献上。しかし,LampardのPKを川島選手が右手1本で止めて,失点を免れました。この日の川島選手は,31分の不用意な飛び出し以外は,実に安定した守備を見せてくれました。
 日本代表は65分にFW岡崎選手に代えてFW森本選手を投入して追加点を奪いにいきますが,72分に闘莉王選手,83分には中沢選手二のOGで2点を献上し1−2と逆転されました。因みに,OG2本を献上したのは,A代表の試合で初のことだそうです。
 結局,試合はそのまま終了。日本代表は先制点を奪いながらも,敗れてしまいました。
 日本代表は今後,6月4日にCôte d'Ivoire(Sion,Switzerland)と強化試合を行い,6日にSouth AfricaのGeorgeへと入り,W杯本大会の初戦となる14日のCameroon戦(Bloemfontein)に備えることになります。

 よくも悪くも闘莉王選手が目立った試合でした。逆に言えば,闘莉王選手がここ2試合欠場していたことを考えると,改めて彼が日本代表の大黒柱となっていることを再認識させられました。
 「4−1−4−1」と新しいフォーメーションが今回はうまくいき,闘莉王選手もセンターバックとして踏ん張ってくれましたが,72分には相手の右クロスに突っ込み,同点のオウンゴールを自陣を入れてしまう場面もありました。
 実はこの前の70分前後辺りから,雨足が次第に激しくなってきた影響もあるのかもしれませんが,日本代表の足が少し止まり始めており,イヤな予感はしておりました。
 また,両サイドの守備は安定していて,裏を取られることがなかった様に見えましたが,逆に攻撃については,もう少しサイドからのアタックがあっても良かったと思います。実際に,EnglandにOGを献上したシーンも,再度をえぐられてクロスをあげられたシーンだったわけですから。
 取り敢えず,これから更にコンディションを挙げていって,Cameroon戦以降にピークが迎えられるように頑張って貰いたいと思います。

P.S.
 この試合には,前代表監督であるイビチャ・オシム(Ivica Osim)氏も観戦に訪れていたそうで,今回の日本代表線に対して次のようなコメントを残されたそうです。
「非常にポジティブな内容だった。70分くらいまでは,どちらが日本でどちらがイングランドか分からないくらいだった。悪い試合の後には,いいリアクションがあるものだ。自分たちが悪かったと気づいていればいいリアクションになる。その意味で,日本代表はノーマルな状態に戻ったのだと思う。ただ,もう少し勇気がほしかった。それと,最後まで耐え抜く意志も。」
 なんて温かく,愛情あふれたコメントなんでしょう。「もし」はありえませんが,あの時,オシム監督が病に倒れなければ,日本代表は今頃どのぐらいの高みまで登っていたのでしょう?きっと今頃は,半分(以上)諦めモードではなく,心の底からW杯を待ち望んでいられたんでしょうねぇ。(´ヘ`;)ハア。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
強化試合Englandに逆転負け
日本 イングランドに逆転負け ...続きを見る
地球の日記☆マーク♪のblog☆
2010/06/03 04:59
クリア失敗オウンゴールで負け
日本VSイングランドは2対1でオウン2発で負けたよ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2010/06/03 09:10
サッカー、イングランドに逆転負け オウンゴール2発
6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ/W杯南アフリカ ...続きを見る
ネット社会、その光と影を追うー
2010/06/03 10:12
国際親善試合:イングランド代表-日本代表
イングランド代表 2-1 日本代表 さてイングランド戦でありますよ。韓国戦からどう修正してきたのか。 ...続きを見る
Yellow Life Blog - 柏...
2010/06/03 10:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際親善試合 日本 vs England よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる