よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大会3日目 Serbia vs Ghana

<<   作成日時 : 2010/06/14 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 攻守両面で圧倒したGhanaがPKの1点を守り抜き,Africa勢として今大会初勝利を挙げました。



Group D【Serbia(0) 0−1 Ghana(3)】(予想:Serbia ●)

 Ghanaは序盤からサイドを崩して波状攻撃を続けました。そして,素早く寄せる守備で相手の攻め手をほぼ完ぺきに封じていました。
 一方のSerbiaも持ち前のパス回しができず,チャンスはセットプレーからのみと,お互いに硬い守備を崩すことができず,互角の展開のまま前半を終えました。
 後半に入ると,GhanaはFWのAsamoah Gyan(Stade Rennais FC,因みにマ・クベは関係ありません。)を中心にスピードに乗った攻撃を仕掛けます。
 一方のSerbiaもセットプレーからチャンスを作りますが,シュートの精度もありお互いにゴールを奪えず,前半に続いてほぼ互角の展開が続きます。
 74分,SerbiaのDF Aleksandar Lukovic(Udinese)が2枚目のイエローカードで退場。
 本来であれば,1人多くなったGhanaが優位に立つと思われましたが,Serbiaはコンパクトに攻め上がりますが,フィニッシュを決められませんでした。
 すると84分,MF Stephen Appiah(Bologna FC)が左サイドに展開,そこからクロスが上がります。そのクロスに対して,途中出場のMF Zdravko Kuzmanovic(VfB Stuttgart)が痛恨のハンドを犯してPKを獲得。これをGyanが真ん中に豪快に蹴り込み貴重な先制点。
 この後,Ghanaは終盤のSerbiaがロングボールを放り込んでくるパワープレーも凌ぎ切り,ときには90+2分のGyanの右ポストに跳ね返された惜しいシュートも挟みながら逃げ切り,今大会Africa勢初勝利を挙げました。
 因みにこの試合での珍記録を一つ。Serbia代表MF Dejan Stankovic(Inter)が,3つの代表でW杯に出た初めての選手になったそうです。98年France大会にはYugoslavia代表として,06年Germany大会にはSerbia and Montenegro代表としてW杯の舞台を経験。この試合では主将としてフル出場しました。
 この試合の私の予想ですが,1−0でSerbia勝利を予想していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大会3日目 Serbia vs Ghana よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる