よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大会4日目 Italy vs Paraguay

<<   作成日時 : 2010/06/15 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 前回王者のItalyが登場したこの試合,激しいボールの奪い合いは,共に2点目を奪えずに引き分けました。



Group F【Italy(1) 1−1 Paraguay(1)】(予想:Italy ●)

 序盤からItalyがボールを支配し,右SB Gianluca Zambrotta(AC Milan),左SB Domenico Criscito(Genoa CFC)のアーリークロスで先制点を狙うが,パラグアイの硬い守備に決定機を作れません。
 一方のParaguayはItalyの攻撃を凌ぎつつ,ディフェンスラインからのロングボールに活路を求める展開。
 暫く膠着状態が続き,このままハーフタイムを迎えるかと思われました39分,ParaguayのDF Aureliano Torres(CA San Lorenzo)のクロスにゴール前のAntolin Alcaraz(Club Brugge KV → Wigan Athletic FC)が頭で合わせ,押され気味だったParaguayがセットプレーから先制,Paraguayが前回王者Italyを1−0とリードして前半を終えました。
 後半も前半同様にItalyの攻撃をParaguayが凌ぐ展開が続きますが,62分,MF Simone Pepe(Udinese → Juventus FCへレンタル移籍)の左CKにMF Daniele De Rossi(AS Roma)が合わせ,Italyがようやく同点に追いつきました。
 その後もItalyが押し気味に試合を展開し,Pepe,MF Riccardo Montolivo(ACF Fiorentina)らが遠目からのシュートを放つものの追加点は生まれず,結局1−1のまま試合終了し,前回王者のItalyはドロー発進となりました。
 この試合,Italyにとって予想外の出来事がありました。それは,Italyの堅守を支え,前回Germany大会の優勝に貢献したGK Gianluigi Buffon(Juventus)が背中に激しい痛みを訴え,前半で退いたことです。本人は「何かが引き裂かれたかと思った。座骨神経痛の悪化だ。」と話しているそうで,15日に精密検査を受けるとのこと。20日のNew Zealand戦についてチーム関係者は「検査の結果次第」と話しているようで,出場は微妙な状況だそうです。
 どちらにしてもItalyの今後の動向は日本に大きく係わってきます。もし,ItalyがGroup Fを1位通過した場合,日本が入るGroup E組2位と決勝トーナメント1回戦で対戦することになるからです。日本の現状はまだまだ難しいとは思いますが,もしものことを考えれば・・・。

 そうそう,この試合に対する私の予想ですが,GK Jose Luis Chilavertが好きだったのでParaguayと行きたかったのですが,やはり前回優勝国ということで1−0でItalyの勝利と予想していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大会4日目 Italy vs Paraguay よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる