よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大会6日目 South Africa vs Uruguay

<<   作成日時 : 2010/06/17 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 初戦で引き分けたチーム同士の対戦。優勝2度を誇る古豪のUruguayが開催国のSouth Africaを3−0で下しました。



Group A【South Africa(1) 0−3 Uruguay(4)】(予想:Uruguay ○)

 南アフリカがウルグアイに完敗し,開幕前の心配どおり,W杯開催国史上初の1次リーグ敗退の危機に陥りました。
 静かな立ち上がりとなったこの試合,序盤はほぼ互角の展開となりますが,徐々にUruguayがDiego Forlan(Atletico Madrid)とLuis Suarez(Ajax)の強力2トップの突破でペースを握ります。
 24分,中央でボールを受けたForlanがドリブルからミドルシュート。DFに当たったボールはきれいな弧を描いてゴールに吸い込まれてUruguayが先制。
 1点ビハインドとなったSouth AfricaはMF Siphiwe Tshabalala(Kaizer Chiefs)を中心に得点機を伺いますが,Uruguayの落ち着いたゲーム運びにチャンスを作れませんでした。遠めからのシュートで守備をのほころびを誘おうとしたものの実ることなく,Uruguayが1点をリードしたままハーフタイムを迎えました。
 後半に入っても流れは変わらず,76分,左サイドでボールを受けたSuarezが左足でシュートしますが,これはSouth AfricaのGK Itumeleng Khune(Kaizer Chiefs FC)がセーブ。こぼれ球をMF Diego Perez(AS Monaco)が繋ぎ,更にこぼれたところをForlanがシュート。DFに当たったボールがSuarezの前にこぼれ,完全にゴール前に抜け出したところをKhuneが足で引っ掛けPK。Khuneはこのプレーで一発退場となりました。
 80分,このPKをフォルランが確実に決めて追加点。South Africaにとって,1人少ない中で2点差となってしまいます。
 終了間際の90+5分,Forlanの左からのCKはDFにクリアされるものの,こぼれ球を再び繋ぎForlanがクロス。これをファーサイドで受けたSuarezがGKの頭上を越えるふわりとしたボールを折り返し,これにMF Alvaro Pereira(FC Porto)が頭で合わせ,Uruguayがダメ押しとなる3点目を奪いました。
 一方のSouth Africaは,Uruguayの巧みなゲーム運びになかなかチャンスを作れず,Tshabalalaらがサイドからのクロスを中心に攻撃を組み立てましたが,単調でした。
 66分に迎えた決定機も,FW Katlego Mphela(Mamelodi Sundowns FC)が決められず,完封負けを喫しました。この結果,South Africaが1次リーグを突破するには,最終戦で強豪Franceに勝つしかなくなりました。
 因みに,開催国が3点差以上つけられて敗れたのは40年ぶり3度目のことだそうです。

 この試合に対する私の予想ですが,2−0でUruguayの勝ちと予想していました。1990年Italy大会以来の決勝トーナメント進出を期待します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大会6日目 South Africa vs Uruguay よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる