よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯2日目,韓国 vs Greece

<<   作成日時 : 2010/06/13 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 W杯初日の予想は2戦2敗でした。惨敗でした。W杯2日目の結果はどうなったでしょうか?



Group B【韓国(3) 2−0 Greece(0)】(予想:引き分け ●)

 Asiaの先陣を切って韓国が登場,Greeceを2−0で下し,3大会連続で初戦勝利を飾りました。
 立ち上がり先手を取ったのは韓国。7分,左サイドのFKからDF イ・ジョンス(鹿島)が合わせて先制。
 一方のGreeceは長身のAngelos Charisteas(1.FC Nürnberg)とGeorgios Samaras(Celtic FC)にロングボールを入れて同点ゴールを狙いますが,逆に韓国はこのロングボールを跳ね返し,カウンターから追加点を狙いにいきます。
 前線の競り合いも,FW パク・チュヨン(AS Monaco),MF ヨム・ギフン(水原三星)が優勢に立ち,セカンドボールをことごとく韓国が拾います。
 28分の絶好機にパク・チュヨンが追加点を決められなかったものの,韓国がペースを握ったまま前半を終了。
 後半に入り,韓国は52分,相手のパスをカットしたMF パク・チソン(Manchester United FC)がドリブルで2人をかわし,アジア人初の3大会連続ゴールで試合を決定付ける2点目をゲット。
 追い詰められたGreeceは,前半ターゲットとしていたCharisteas,Samarasを下げ,選手交代で前線を活性化することによって,次々とゴール前にロングボールを入れましたが,韓国がしのぎ切りそのまま試合終了。韓国が,貴重な勝ち点3を獲得しました。
 Greeceは体格差を生かせず,攻守に精彩を欠き,守りを崩されて早々と失点,攻撃でも好機で決定力を欠いて無得点に終わりました。
 因みにこの試合,韓国のホ・ジョンム監督が,同国人監督としてW杯初勝利を手にしました。今回の勝利で,韓国はW杯通算6勝目(PK戦による勝利を含む。)となりましたが,W杯初勝利をマークした02年日韓大会はGuus Hiddink監督(ベスト4),1次リーグで1勝した06年Germany大会はDick Advocaat監督と過去に勝利を挙げた2大会は共にNetherlands出身者が監督を務めていました。
 また,GreeceのOtto Rehhagel監督(71)は,02年にParaguayを率いたCesare Maldini監督の70歳131日を抜いてW杯史上最年長の監督となりました。
 私はこの試合,スコアレスドロー,又は,1−1のドローと見ていたんですが・・・。
 しかし,改めてパク・チソンは良いですねぇ。京都にいた頃は,こんなに素晴らしい選手になるとは思わなかったんですけどねぇ。イ・ジョンスも,この大会が終わったら,鹿島を出てEuropeのチームに移籍してしまうんでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
W杯2日目,韓国 vs Greece よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる