よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大会2日目 Argentina vs Nigeria

<<   作成日時 : 2010/06/13 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 優勝候補のArgentinaが序盤にセットプレーで奪った1点を守りきり,Nigeriaに1−0で辛勝しました。



Group B【Argentina(3) 1−0 Nigeria(0)】(予想:Argentina ○)

 5分,FW Carlos Tevez(Manchester City FC)のパスカットからLionel Messi(FC Barcelona)がペナルティーエリアの手前でボールを受け,振りの小さいシュートがゴールに飛びましたが,NigeriaのGK Vincent Enyeama(Hapoel Tel Aviv)が横っ飛びでセーブ。
 続いて6分,Juan Sebastian Veronが蹴った右CKに,混乱しているディフェンスを外してフリーになったGabriel Heinze(Olympique de Marseille)が頭で合わせると,これがゴール左に決まってArgentinaが先制。
 その後も試合巧者のArgentinaは抜け目なく守備のほころびを見つけ,Messiのドリブルから度々チャンスを作ります。21分には,Gonzalo Higuain(Real Madrid)がGKとの1対1のビッグチャンスを迎えるも決め切れません。
 するとNigeriaの守備が落ち着きを取り戻し,FC Yakubu Aiyegbeni(Everton FC)の突破からチャンスを作るようになりました。前半の終盤はほぼ互角の展開になり,お互いに得点を奪えず1−0のまま前半を終了しました。
 後半に入るとNigeriaは同点ゴールを目指して押し上げるものの,最後まで得点を奪えませんでした。一方のArgentinaも運動量が低下。劣勢の時間が増え,Enyeamaの好守に阻まれ追加点を奪えませんでしたが,なんとか1点を守りきりました。
 05年のワールドユース(現U−20ワールドカップ),08年の北京五輪の決勝と同じカードとなったこの試合,Argentinaがまたしても勝利をものにし,86年Mexico大会以来24年ぶりの世界一へ向けて勝ち点3を獲得しました。
 そして,忘れてはならないArgentinaのMaradona監督。くしくも選手最後のW杯勝利は,94年USA大会のNigeria戦。その後に薬物問題で大会を去ったMaradonaが,5大会16年を経て,W杯の舞台に監督として舞い戻り,その相手がNigeriaだったということは,因縁というにはあまりに出来すぎているような気がするのは私だけでしょうか?
 因みにこの試合,私の予想は2−0でArgentinaでした。点数は異なりますが,予想は当たったということで・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大会2日目 Argentina vs Nigeria よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる