よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS マルキーニョス選手ハット,水戸も快勝!

<<   作成日時 : 2010/09/19 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 暑さ寒さも彼岸までと申しますが,本当に涼しくなってきましたね。御彼岸の中日の頃,再び(日中は)暑くなるようですが,後は涼しくなっていくみたいですね。長くて厳しい夏も,もうすぐ終わりですね。

 さて,週末はいつものとおりJリーグ。
 まずはJ1の鹿島アントラーズは,ホームに大宮を迎えた第23節,FWマルキーニョス選手のハットトリックで大宮に快勝,今季通算成績を12勝7分け4敗,勝ち点43として2位に浮上しました。
 開始早々から鹿島が果敢に前へ出て,試合の主導権を握ります。
 そして11分,この試合,今季一番と言っていいほどの動きを見せていたMFフェリペ・ガブリエル選手が左サイドから中央へパス,これをMF中田選手が思い切り良くミドルシュート。するとこのシュートがマルキーニョス選手に当たって角度が変わり,これには相手GKも反応することができず,早い時間帯の先制ゴールとなりました。
 これで勢いに乗るかと思われた鹿島でしたが,その10分後,この試合,先発に復帰したキャプテンMF小笠原選手が右もも裏に違和感を感じ,MF青木選手と交代。ピッチ上の指揮官を失い,一瞬嫌な雰囲気がスタジアムに漂いました。
 しかし,26分,FKのこぼれ球からFW興梠選手がシュート,これはクロスバーポストに阻まれましたが,フェリペ・ガブリエル選手が詰めてシュート,何と,これまたクロスバーに直撃しましたが,最後はマルキーニョス選手が押込み,この日2点目を奪いました。
 その後も鹿島は華麗なパスワークから大宮ゴールに襲いかかるも,結局2点リードのまま,試合を折り返しました。
 そして58分,フェリペ・ガブリエル選手とのワンツーから抜け出したマルキーニョス選手がボールを受け,ゴール左隅へ冷静に決めました。マルキーニョス選手は,(以外にも)これが日本で初となるハットトリックを達成しました。
 3点差をつけた鹿島,今後のタイトル争いに得失点差(鹿島の+17はJ1トップ)が大きな影響を与えてくるため,この後は守り重視でややスローダウン。
 攻め込まれる場面も多く見られたが,大宮に対するややアンラッキーな判定などもあり,結局,3−0のまま,前節の仙台戦に続きリーグ戦2連勝を飾りました。これで鹿島はJ1ホーム通算200勝を達成,首位名古屋が横浜FMと1−1のドローだったため,勝ち点差を5とした鹿島。リーグ4連覇へ向けて,(小笠原選手のケガの具合が気になりますが)追撃態勢が整ってきました。

 次はJ2の水戸ホーリーホック。ホームに富山を迎えた第26節,3−1で快勝して4試合連続負けなしとなりました。これで今季通算成績は7勝8分け9敗,勝ち点29となり14位に浮上しました。

 中盤でのポゼッションを武器とする富山でしたが,この日の序盤は,裏に抜け出そうとする攻撃陣とパスをつなごうという守備陣の意思が合わず,全体が間延びしてしまうことになり,その空いたスペースで起点を作った水戸がペースを握ります。
 そして2分,右サイドMF村田選手からの低いクロスをFW常盤選手聡が押し込んで先制。ゴールの後にはバク宙のパフォーマンス付。
 8分には,CKのこぼれ球を拾った村田選手からのクロスをDF大和田選手がヘディング。ゴールポストに跳ね返ったボールをFW片山選手が押し込んで追加点。片山選手もバク宙か?と思いきや,ただの後ろ回りでした。(笑)
 その後,リズムをつかんだ富山に面白いようにボールを回されます。そして21分にミドルシュートを決められ,1点差にされてしまいました。
 嫌な雰囲気が漂ったものの,27分,ロングボールを富山GKがエリア外でクリア,それを常盤選手が拾ってシュートを狙いましたが,富山DFが触ってルーズボールに,それが片山選手のところに転がり,そのままダイレクトシュートを決め,再び2点差に。
 とはいえ,リズムのいいパスを繋いでチャンスを作ったのは富山。それでも失点は1点に抑え,前半は3−1で折り返しました。
 後半に入っても,試合の流れは富山。しかし73分,片山選手に代わってFW吉原選手が出場すると,雰囲気はガラッと変わりました。そんなにチャンスは作れなかったものの,らしい動きを見せてくれました。
 結局,2点目を取るまでの8分間は水戸が,残りの82分間は富山がゲームを支配しましたが,水戸はこの日めぐってきた3度という少ないチャンスの全て決めたことが勝利に繋がりました。
 今季ここまでリーグ最多の355本のシュートを打たれている水戸(2番目に多いのが286本の岡山)にとって,シュート数6本対14本という劣勢の展開ながらも勝利につながったのも“水戸らしい”といってしまえばそれまでですが。(苦笑)
 ともかくこの勝利で14位に浮上,次もホームゲームで相手は岡山。下位相手なので,取りこぼすことなく連勝して貰いたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第23節ガンバはC大阪に勝利&他クラブ結果
第23節ガンバ大阪VSセレッソ大阪は3対2となり ガンバはホームで大阪ダービーも3点を取り勝利し ガンバは11勝5敗7分の勝点40となり4位なった ...続きを見る
スポーツ瓦版
2010/09/22 19:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マルキーニョス選手ハット,水戸も快勝! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる