よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島と水戸の最新情報

<<   作成日時 : 2010/12/09 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 残すは天皇杯のみとなった今シーズンのJリーグ。(正確に言えば,天皇杯とJリーグは別物ですが。)ストーブリーグの方も騒がしくなって参りました。

 まずはJ1の鹿島から。
 鹿島はFWマルキーニョス選手,DFジウトン選手,同じく笠井健太選手が退団,DF大岩剛選手が現役引退することを発表しました。
 マルキーニョス選手と笠井選手は契約満了,ジウトン選手は期限切れによるものです。

 マルキーニョス選手は2001年に東京Vに加入し,横浜M,市原(現千葉),清水を経て07年から鹿島でプレー。08年に21得点を挙げて得点王とJリーグMVPに輝くなど,チームのリーグ3連覇に貢献しました。J1通算229試合出場で109得点,その内鹿島在籍の4年間で119試合出場59得点と活躍,日本在籍10年間でリーグ優勝5回,天皇杯優勝1回を飾りました。
 今季もチーム1の11得点を挙げましたが,年齢的な衰えは隠せず,簡単なミスや決定機を外す場面も見られました。このまま帰国する可能性もあり,天皇杯出場は微妙とのこと。

 ジウトン選手はBrazilのPorto Alegreから今季期限付きで移籍。J1通算50試合出場3得点で,今季は25試合出場1得点。FC Gelsenkirchen-Schalke 04 e.V.に移籍した内田選手の穴を埋める活躍が期待されましたが,1年での退団となりました。

 笠井選手はBrazilのPaulista FC(現在の監督はあの呂比須・ワグナー氏)から08年に加入。在籍3年間でACL2試合に出場,リーグ戦の出場はありませんでした。

 大岩選手は清水商高,筑波大,名古屋,磐田を経て03年に加入。J1通算386試合出場で10得点。鹿島在籍8年間では165試合出場で2得点でした。
 今季の出場は6試合に終わってしまいましたが,現役16年でリーグ優勝4回,天皇杯優勝3回と輝かしい成績を残されました。日本代表としても,国際Aマッチに3試合出場しています。

 J2の水戸の新監督に就任することが決まっている柱谷哲二氏が水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸で就任記者会見に臨み「わたしの持っている経験,一番大事にしているハートの部分を,微力ながら水戸の発展のために出したい。」と力強く語ったそうです。仮契約で推定年俸は約900万円。契約年数は未定で,クラブは2年以上を希望しているとのこと。
 柱谷氏はこれまで経験してきた環境と比べ,人材や経営,観客数などで劣る苦しい実情は理解されているようで「いきなりJ1というレベルではないが,一日一日,そこに向かって努力する。水戸がサポーターにとって大事なものになるよう,さまざま方面で前進させたい」と意欲を見せている模様。
 現役時代には「闘将」と呼ばれていた同氏。「勝負を分けるのはメンタル。気持ちの入った練習,ゲームをやる。」とも述べたそうです。
 水戸は若手中心のチームですが「そこを含めて魅力を感じた。全員攻撃,全員守備のサッカーで勝ち越したい。」と来季の目標を掲げたとのこと。
 現在コーチを務める国士館大が全日本大学選手権に出場するため,本契約は今月下旬以降になる見込みだそうです。
 補強ポイントとしては,「ポジションに偏らずバランスを重視」して,「若手が多いのでベテランが1,2人欲しい」と考えているようです。
 14日はJリーグ合同トライアウトを視察し,チームは来年1月17日に始動する予定とのこと。

 子供達もスタジアムでサッカーを観戦する楽しみを覚えてきたみたいなので,来季はもう少しスタジアムに連れて行ってあげようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿島と水戸の最新情報 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる