よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島,天皇杯を制す!!

<<   作成日時 : 2011/01/01 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 第90回天皇杯全日本選手権決勝は,鹿島アントラーズが清水を2−1で下し,3年ぶり4度目の優勝を飾りました。これで鹿島は国内主要タイトル獲得数を14に伸ばし,優勝チームに与えられるACL出場権を最後の最後に(4期連続で)獲得しました。

 試合開始直後は一進一退の攻防が続き,天皇杯決勝にふさわしい雰囲気のゲーム展開でしたが,10分過ぎからは鹿島が徐々に主導権を握りました。
 10分,MF小笠原選手の浮き球気味のスルーパスからFW大迫選手が抜け出したものの相手GKに阻まれました。
 また,15分には大迫選手からMF野沢選手に繋ぎ,最後はFW興梠選手がほぼフリーの状態でシュートを放ちましたが,これは惜しくも相手GK正面でした。
 そして26分,この日最初のCKから待望の先制点が生まれました。小笠原選手が蹴った左からのCKをMFフェリペ・ガブリエル選手が頭で合わせると,ボールはそのままワンバウンドしてゴールネットを揺らして幸先良く先制。
 立ち上がりからボールを丁寧に回して支配率を高め,次々とチャンスをつくる圧倒的内容で,前半を通して清水にあったチャンスらしいチャンスは,20分に左サイドをFWの岡崎選手に突破された場面ぐらいとゲームを優位に進めて前半を折り返しました。
 後半に入っても鹿島は追加点のチャンスを狙っていました。54分,フェリペ・ガブリエル選手の見事なインターセプトから野沢選手へパス。ここから野沢選手はドリブルで持ち込みシュートを放ちましたが,これは惜しくも相手GKに止められてしまいました。
 しかしこの後は,どちらかといえば清水ペース。前半は途絶えていた小野選手からのパスが繋がってきた清水に反撃を食らいました。
 59分には,最終ラインの背後をヨンセン選手に突かれました。GK曽ヶ端選手がためらわず飛び出したものの間に合わず,ヨンセン選手に放たれたループシュートは鹿島ゴールへ。DF中田選手がゴールに飛び込むほどの勢いで戻ったものの間に合わず,残り30分というところで試合は振り出しに戻ってしまいました。(岡崎選手だけでなく,ヨンセン選手もオフサイドポジションにいたように見えたんですけどねぇ。)
 両チーム共に足が止まり始めてきた63分,鹿島はフェリペ・ガブリエル選手に代えてMF本山選手を送り込むと,またしても試合の流れは鹿島へ。
画像
 そして77分,本山選手を止めるために清水が犯したファールで得た,ペナルティーエリアすぐ外でゴール正面やや左からのFKを野沢選手が直接決めて勝ち越しに成功。
 その後は集中したディフェンスで清水の攻撃をうまく寸断してリードを守り切り,鹿島が3大会ぶり4度目の天皇杯優勝を飾りました。
画像 試合後の表彰式,来シーズンのユニフォームを来たキャプテンの小笠原選手が天皇杯を受けましたが,その後のセレモニーでは,今季限りで現役引退する大岩剛が天皇杯を掲げるというシーンもあり,こちらも目頭が熱くなりました。
 長きに渡りクラブに貢献し,また,日本サッカーの第一線で活躍した大岩選手引退の花道を天皇杯制覇という最高の形で締めくくった鹿島。これで2011シーズンのACL出場権も得ました。クラブ創立20周年となる節目の2011年をスタートさせるにふさわしい元日となったような気がします。願わくは,今年こそ,ACLで好成績が収められますことを。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天皇杯アントラーズ制覇
天皇杯の決勝で鹿島アントラーズVS清水エスパルスは 鹿島が2対1で勝利し天皇杯制覇でACL出場が決定だ ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/01/07 17:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿島,天皇杯を制す!! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる