よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島,ホームで磐田に快勝!!

<<   作成日時 : 2011/06/18 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 J1鹿島アントラーズはホームのカシマスタジアムで磐田と対戦し,2−0で快勝。震災後のホームゲームで初勝利を挙げました。これでの通算成績は3勝2分け4敗の勝ち点11で13位となります。(消化試合は2試合少ないため。でも同じく2試合少ないG大阪は8位なんですよねぇ。)

 今日はNHK−BSで放送があったので,最初から最後まで見てましたよ,久しぶりに。もっと鹿島の試合を放送してくれれば良いのに。

 さて,水・土・水・土と続く連戦で,チームの屋台骨であるベテラン勢に疲労が溜まり始めることも懸念されたためか,前節の先発からDF西選手,MF中田選手,小笠原選手を休ませ,DF伊野波選手,新井場選手,そしてこれが今季初先発となるMF柴崎選手を入れ,ローテーションシステムを導入した鹿島は序盤から中盤のMF増田選手,柴崎選手が運動量を生かし,磐田を圧倒しました。
 ただ,それ以上に鹿島にアドバンテージをもたらしたのが高さでした。
 試合序盤,右CKのチャンスを得ると,DF岩政選手,FW田代選手が立て続けにヘディングシュートのチャンスを迎えます。
 最終的には,右CKからMF野沢選手の蹴ったボールを岩政選手がヘディング,そのボールをFW興梠選手がトラップから反転してのシュートに持ち込み,見事な先制点を奪いました。
 実にこのCKまで4連続CKが続きましたが,この連続で続いたCKの全てにおいて鹿島が競り勝っておりました。磐田も,もう少し修正できても良かったと思うんですけどねぇ。

 流れのなかでも鹿島の田代選手を中心とした,高さを生かした戦い方が磐田を苦しめました。
 高さが有効とみると,パスを無理に繋げることをせず,前戦の田代選手の頭をターゲットに狙うと,これにほとんど競り勝ちました。相手ボランチが下がって対応しようとしましたが,跳ね返ったボールは柴崎選手や増田選手の前に転がり,磐田は良い形でボールを奪うことができず,自陣で反撃の機会をうかがう時間ばかりとなってしまい,鹿島にとってほぼ完璧な形で前半を終えました。

 後半の立ち上がり早々ピンチに立たされましたが,GK曽ヶ端選手が左足1本の好セーブで凌ぎ流れを相手に渡しませんでした。
 その後も鹿島はゲームを支配していた64分,遠藤選手の右からのクロスに磐田のDFラインが乱れ,ゴール前でフリーとなった田代選手が相手GK川口選手の位置をよく見て,ループ気味にゴール右隅へボールを流し込みました。
 これでリードを2点差に広げた鹿島は73分以降,小笠原選手,中田選手,そして,西選手を投入し,最後まで試合の主導権を握り,結局,2−0と無失点でカシマスタジアム再開後の初勝利を飾りました。

 この勝利でチームに勢いが出てくれることを期待したいですね。何しろ今季リーグ戦で初の完封勝ちですからね。ここから鹿島の逆襲が始まることを期待します。

 そうそう,来週の川崎F戦は,チケットが手に入ったので久しぶりにカシマスタジアムへ観戦に行く予定です。(それ故に水戸のFC東京戦は見に行けません。)
 当日は,娘達の授業参観日があるのでスケジュールが非常に厳しいものになりますが,カシマスタジアムでの観戦は何年かぶりなので,今からワクワクしています。楽しみだなぁ。勝つと良いなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿島,ホームで磐田に快勝!! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる