よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸,天皇杯2回戦を突破!!

<<   作成日時 : 2011/10/10 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 天皇杯の2回戦,J2の水戸ホーリーホックは同じくJ2の札幌とアウェイで対戦。今季リーグ戦で2敗している相手に延長の末逆転勝ち,3回戦へ駒を進めました。

 勝利の情報は,勿論当日(8日)に掴んでいましたし,見た人に話を聞いてはいたのですが,本日,NHK−BSの天皇杯ダイジェストも見た上での感想等を書きたいと思います。

 試合途中から降り出した(テレビ画面をとおしてでも分かるほどの)強い雨に打たれながらの試合。前後半の90分間だけでは決着がつかなかったシーソーゲームは,118分にゴール前の混戦から水戸のMF小池選手が決勝点を叩き込んで,熱戦を3−2のスコアで制しました。
 この試合,リーグ戦で昇格争いのまっただ中にある札幌は,コンディションが芳しくない選手が複数いたこともあってか,主力を休ませて,積極的に10代の選手を4人も起用したそうです。
 ほぼベストな顔ぶれの水戸に主力不在で挑んだものの,若い選手の攻撃センスが引き出された札幌が試合の前半をコントロールしていたそうです。
 しかし,後半に入るとここのところベンチワークが光る柱谷監督が手を打ちました。後半スタート時にFW吉原選手からMF島田選手へ選手交代,ということは多分,システムを4−4−2から4−1−4−1へと変更したんでしょう。
 すると,この交代が功を奏したのか,58分にMF小澤選手が決めて水戸が先制。
 その直後,左からのクロスをGK本間選手が弾いたところを詰められてしまい即同点。
 その後も互いにカウンターを打ち合う展開が続き,85分に札幌が,雨のピッチで滑りやすくなっているところにグラウンダーのシュート,これが不運にも本間選手の股下をすり抜けて決まってしまいました。
 しかし88分,水戸はショートコーナーからのこぼれを最後はMFロメロ・フランク選手が押し込んで再同点。
 延長に入って,PK戦も見えてきた終了間際の118分,MF小幡選手のクロスを今度はFW遠藤が相手GKと競りあい,GKのパンチングしたボールはエリア内の小池選手の元へ,小池選手は胸でワントラップして蹴り込んでこれが決勝点。若い選手が躍動した札幌をなんとか退け,3回戦へと進出しました。

 これで,リーグ戦を含めて4戦連続負けなし。次のリーグ戦はホームでの東京V戦。このままの調子で,久しぶりのホームでの勝利をお願いします!
 天皇杯の3回戦の方は,多分G大阪が上がってくると思われます。FW吉原選手にとっては2戦連続での古巣との対戦になります。こちらの方はかなり難しい対戦になるとは思いますが,臆することなくぶつかっていってもらいたいと思います。

画像【おまけ1】
 Jリーグ・ヤマザキナビスコ・カップの準決勝,鹿島アントラーズは延長戦の末に2−1で名古屋を下し,5年ぶり7度目の決勝進出を決めました。
 鹿島は10分,MF小笠原選手のパスを受けたFW大迫選手の得点で先制。
 80分に名古屋のDF闘莉王選手に同点ゴールを許したものの,1−1で延長に入った107分,途中出場のMF本山選手からのノールックのスルーパスを受けたMF柴崎選手が勝ち越し点を奪って逃げ切りました。
 決勝は29日,東京・国立競技場で開催されます。9年ぶり4度目の優勝を目指す鹿島の相手は,8年ぶり2度目の大会制覇を狙う浦和に決定。決勝でこの両チームがぶつかるのは,2年連続で対戦した02,03年以来8年ぶり3回目のことになります。つまり,前々回の対戦は鹿島が,前回の対戦は浦和が勝利し,両チームともそれ以来の決勝ということになります。
 現実的にいえば,リーグ戦での優勝が難しい状態である現在,まず一つ目のタイトルに向けてチーム一丸となって頑張って貰いたいと思います。

画像【おまけ2】
 おまけの2は久しぶりのNFLネタです。
 San Francisco 49ersは現地9日,HomeでTampa Bay Buccaneersを迎撃。攻守がかみ合って効率良く試合を進め,48−3で圧勝しました。この結果49ersは4勝1敗としてNFC Westの首位をキープしております。
 因みに48得点は,2003年12月7日のArizona Cardinals戦に 50−14で勝利して以来のことで,45点差での勝利は,更に遡って1987年12月27日のSt. Louis Rams戦に48−0で勝利して以来のことだそうです。

 シーズン当初はどうなることかと心配されていた49ersのQB Alex Smithですが,5試合を終えた段階で全試合に先発,Pass126回中83回成功(Pass成功率65.7%)で965yards,7TD,1INT,Passer ratingは104.1とCareer Highの活躍で攻撃をリードしています。
 また,この試合では新人QBのColin Kaepernickも第4Q途中からLeague戦初出場し,Pass3回中3回成功,35yards,Passer rating115.3の内容を残しました。

 そういうわけで,近年まれに見る好スタートを切った49ersですが,ここに来て大きな不安材料が出てきてしまいました。
 この試合でWRのJosh Morganが右足を骨折。手術が必要で,長期離脱は避けられない見通しとのことです。4年目のMorganは今季,Receive15回で220yards,2TDをマークしており,攻撃力の低下が心配されます。
 また,ひざを手術したWR Braylon Edwardsも少なくとも10月は欠場する見込みだそうで,49ersのRosterにはMichael Crabtree,Ted Ginn,Kyle Williamsの3人しかWRが残らないことになります。緊急補強が必要になるかも?
 それよりも次週は,1956年以来となる開幕5連勝と波に乗っているDetroit Lionsとの対戦です。この試合が今季最初の大きな壁になると思います。ここで勝利できれば,地区優勝も見えてくるのではないでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水戸,天皇杯2回戦を突破!! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる