よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS お帰り!メインスタンド!!

<<   作成日時 : 2011/10/16 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ホームのK’sスタジアムのメインスタンド,仮復旧後初の試合となりましたJ2第31節,いつものとおり家族6人で応援に行って参りました。とはいえ,チビがいて危ないので,バックスタンドでの応援ですけど。(笑)

画像
 水戸は東京Vと対戦し,1−1で引き分けました。これで今季の通算成績は7勝8分け14敗,勝ち点29で18位となっています。

画像
 試合前のお楽しみ,今日のサイン会はFW遠藤選手とDF代選手でした。

 さて本日の試合ですが,メインスタンドが仮オープンできたお陰なのでしょうか,試合開始とともに水戸の「攻める」という積極的な姿勢が見られました。
 1分,DF塩谷選手が相手ボールをインターセプトして右サイドに。ボールを受けたFW小池選手の上げたクロスに対してFW吉原選手が飛び込みましたが,これは相手DFがクリア,更にこぼれ球をFW隆行選手がGKと競り合いましたが,これはファウルを取られてしまいました。
 その後も水戸のペースで攻め続け,東京Vは持ち前のパスワークが使えず,ロングボールを蹴るのみでした。
 お互い厳しいプレスのため中盤の主導権争いがメインとなり,シュートがほとんど生まれない時間帯がありましたが,21分,相手スローインからマラニョン選手が抜け出して決定的な場面が!これは,シュートが枠を外れてくれて助かりましたが,前半で一番肝を冷やした場面でした。
 40分には,右サイドでの東京Vのお株を奪うパスワークで守備を崩し,最後はゴール前に入ってきたMF小澤選手がシュート。これも相手DFの体を投げ出してのブロックに阻まれてしまいました。
 そして,これで得たCKをDF加藤選手が頭で合わせましたが枠に飛ばず,0−0のまま前半を終了しました。
 結構押し込む時間帯もあったので,点を取っておきたかったですねぇ。そんな展開になるといつも・・・。

 と思っていたとおり,リーグ最多得点を誇る東京Vが攻勢に出て来ました。
 後半のはじめから,前半でけがをしたに代えて投入した選手が高い位置からプレスをかけて水戸のパス回しを遮断し,段々と東京Vのペースに。
 そして56分,相手の放ったミドルシュートのこぼれ球をマラニョン選手に押し込まれて東京V
 64分には,相手のクロスをGK本間選手が防いだボールが運悪く,目の前にいたマラニョンへ。本間選手は体制を崩していましたが,マラニョン選手が放ったシュートは本間選手の正面だったので,失点を免れました。心臓に悪い時間帯でした。(苦笑)

 このまま(以前のように)相手のペースに飲まれてしまうかと思われました。何しろ,後半に入った途端にシュートが打てませんでしたか
画像
らねぇ。
 しかし,ここの所大当たりが続いている柱谷監督の采配,これが今回も功を奏しました。
 65分,吉原選手を下げて,ルーキーのMF鈴木将也選手を投入。これが当たって,将也選手が中盤でアグレッシブなプレーを披露。相手の中盤に激しくプレスをかけて,徐々に主導権を奪い返しはじめました。
 そして81分,自ら入れた縦パスのセカンドボールを拾った将也選手がドリブルで相手DFを引きつけて,MF小澤へラストパス。角度のないところから小澤選手が左足を振り抜くと,ボールは相手DFのつま先に当たってゴールに吸い込まれ,遂に水戸が同点に追いつきました。
 更に,相手のキックオフ直後にボールを奪うと,浮き球のパスに抜け出した将也選手が左足で強烈なボレー。このシュートは惜しくもクロスバー直撃,私もK子さんも頭を抱えました。
 アディショナルタイムに入っても猛攻は続き,DFとGKの間に飛んだボールに反応したMFロメロ・フランク選手がペナルティエリア外でGKに倒されたものの,ノーファウル。
 更にその直後,ペナルティエリア内で隆行選手が抜群のキープ力を発揮して東京V守備陣をいなし,最後はループシュート。GKの頭上を抜く見事なシュートでしたが,これまたクロスバー。点を決めるか,早くタイムアップになるかどちらかにして欲しいと思った瞬間でした。
 そのイヤな予感が当たったのか,東京Vも勝利への執念を見せました。
 90+4分,相手の放った強烈なミドルシュートは,我らが守護神,本間選手がパンチングで防いだものの,そのこぼれ球に詰められ至近距離からシュート。これを本間選手が驚異的な反応を見せてシュートをセーブ。正しく「守護神」の名にふさわしいスーパーセーブでした。
 そして,その直後に試合終了の笛が鳴り響きました。

画像
 メインスタンド仮オープン記念のこの試合,勝利できなかったのは残念でしたが,上位チームに先制されても追いついて勝ち点1を獲得できたのは大きかったですね。今までの水戸には見られなかった粘り強さを感じます。
 まだまでミスは多いものの,昔のように守備一辺倒ではなく,相手ゴール前まで攻め込む回数は増えてきています。(後は,シュートの確実性でしょうか?)
 また,今季前半までは途中交代の選手に対して,期待できませんでした。厳しくいえば「誰が出て来てもどうしようもなかった」のですが,連続勝ち点を挙げているこのところの試合では,途中出場の選手がうまく機能して流れを変える役割を果たしてくれました。
 現在の順位はまだ18位ですが,まだまだ上を目指せそうな気がします。
 水曜日の試合もJ1昇格を狙う5位のジェフ千葉です。もしこの試合に勝てたなら,勝ち点差2の3チーム(17位の岡山は19位の鳥取と,16位の富山は2位の鳥栖と,15位の横浜FCは首位のFC東京との対戦)の結果次第では15位までのジャンプアップも可能。是非ともメインスタンド復活記念として勝利してもらいたいと思います。
 勿論,私も仕事の後に応援に行く予定です。時間が時間(19:30キックオフ)なので,一人で観戦の予定です。一人だから,開幕戦以来のメインスタンドから応援しようかな。
 このために,「相棒」を録画できるようにレコーダーも購入したんですから。(爆)

P.S.
 そういえば,得点後のことだったので盛り上がっていた所為なんだと思いますが,元日本代表FWの巻誠一郎選手が84分から出場していたことに気付いてませんでした。ファンの方ごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お帰り!メインスタンド!! よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる