よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS いばらきサッカーフェスティバルに行ってきました

<<   作成日時 : 2012/02/25 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 J1鹿島アントラーズとJ2水戸ホーリーホックが対戦する恒例のプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2012」,今年は水戸のホームK’sデンキスタジアム水戸で開催され,鹿島が1−0で水戸を下し,同大会の対戦成績を8戦全勝,水戸はまたしても1点も奪うことができませんでした。orz
画像

 雨にもかかわらず6787人が観戦,我が家は長女がインフルエンザが直ったばかりということもあり,私だけが観戦に出掛けました。(チケットもったいなかったなぁ。)
 雨の所為でピッチの至る所に水たまりができており,状態は良くありませんでした。良いピッチの状態で試合を見たかったと思ったのは私だけではなかったと思います。

 さて試合ですが,A代表とオリンピック代表を合わせた代表組5人を欠く鹿島が相手ということもあり,水戸にとっては,初勝利の絶好のチャンスだったと思ったんですけどねぇ。
 しかし,当日の朝水戸のホームページをチェックした時に,軽くめまいが・・・。
 何と昨日,FWの鈴木隆行選手がB型インフルエンザにかかっていることが判明したとのこと。攻撃の軸である隆行選手の突然の不在は,大きな痛手でした。
 いつもなら絶対的な強さを発揮する隆行選手が高い位置にいないため,ボールが収まらず前線の起点が作れなくなり,なかなか前に出られない状態が続くという状態でした。

 それでも時間が進むと共に互角の展開に。特に目立ったのが,元日本代表,右SBの市川選手でした。時間とともに質の高い動きで右サイドを駆け上がり,質の良いクロスを何本も挙げました。
 37分には,市川選手ペナルティエリア内のFW岡本選手にパス,岡本選手が落としたボールを中央に切り込んだMF小沢選手がシュート。これは惜しくもミートせず,GKの曽ヶ端選手にセーブされたものの,一つの大きな攻撃パターンになることを感じさせてくれました。

画像
 一方の鹿島は開始からパスをつなぐ姿勢を貫きました。なかなか決定機は来なかったものの60分に試合が動きます。
 ミスからボールを奪われて与えたCK,MF遠藤選手が蹴ったボールにDF中田選手が合わせて先制。それまでなかなか水戸の守備組織を崩せなかったものの,相手のミスに付け込み,確実に点を取るあたりはさすがと感じると共に,したたかさも感じました。

 水戸も試合終了間際,MFロメロ・フランク選手のスルーパスから抜け出したMF橋本選手がGKと1対1の場面を迎えたものの,シュートは途中出場のGK佐藤選手に左足でセーブされてしまいました。

 隙を作らず,隙を突く。鹿島の伝統とも言える「勝負強さ」と「したたかさ」に水戸は屈することとなってしまいましたが,今までで一番「もしかしたら」を思える試合展開でした。

 今まで以上に明確に「J1昇格」を目標として掲げた今季の水戸にとっては,もう昨季のような「惜しい試合」は入りません。どんな内容であれ,結果にこだわってもらいたいものです。
 何しろ,J2創設当時のチームの中で唯一,J1に上がったことのないチームになってしまったんですから。(苦笑)

 しかし,私が鹿島の試合をスタジアムで観戦するときでピッチに立っているときは必ず中田浩二は点を取るんですよねぇ。去年カシマスタジアムで観戦した川崎戦の時もそうでしたし・・・。水戸が相手の時ぐらいは・・・。(苦笑)

 それともう一つ。スタメン発表の時,「監督 ジョルジーニョ」がコールされた時はスタジアム全体が「オォーッ!!」って感じでしたね。私もそうでしたけど。(笑)



るるぶ茨城’12?’13 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ茨城’12?’13 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いばらきサッカーフェスティバルに行ってきました よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる