よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS J2水戸,2発快勝で12位浮上

<<   作成日時 : 2012/09/02 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 J2第32節,水戸ホーリーホックは鳥取とホームで対戦,2−0で勝って3試合ぶりに白星を挙げました。これでホームでは6試合連続で勝ち点を獲得し,今季の通算成績は12勝13敗7分けとなり,勝ち点を43に伸ばして12位に浮上しました。

 つくば市招待の日,常磐大学コラボデーとして開催された今回のホームゲーム,開門は通常よりも30分早い3時30分でした。早まった理由は多分,大学生が考案したイベントを楽しむ時間を少しでも長く取ろうとしたのかもしれません。
 そんなわけで,障害物競走は不参加でしたが,フェイスペイントをしたり,ゲートを作成する風船に応援メッセージを書いたり,玉入れをしたりして時間を潰しました。
画像
 今回のイベントとして我が家の最大の山場は,三女が常磐大学幼稚園(の年長)に通園していることも有り,エスコートキッズとして参加することでした。因みに誰と一緒に入場したのかは,個人が特定されてしまうためヒ・ミ・ツ(^x^)。(笑)
 親バカの目で見たところ,堂々と入場できていたのでよかったと思っています。
 これで,先日のお仕事体験キャラバンに参加した長女と二女を合わせると,娘三人はケーズスタのピッチに立ったということに!!わが娘のことながら,ちょっと羨ましい。(苦笑)

画像
 そうそう,忘れてはならないサイン会。今回はDF尾本選手とMF小澤選手。小澤選手のケガの具合が気になるところです。

画像

画像
 それから,FW三島選手とMF坂井選手が売店のお手伝いをされていました。

画像
 おまけとしては,鳥取のキャラクター,ガイナマンも来場しており,鳥取サポだけでなく,水戸のサポにも人気でした。

 さて試合の方ですが,今日は中盤の底に石神選手が入り,本来その位置に入るMFロメロ・フランク選手が中盤の右,本来小澤選手のポジションに入りました。
 この中盤のメンバー構成が変わった所為でしょうか。立ち上がりからミスが多い展開。水戸の武器である展開力は影を潜め,中盤でパスミスを繰り返し,鳥取に高い位置でボールを奪われてはショートカウンターから何度もゴールに迫られましたが,これら再三のピンチも,鳥取の決定力不足に助けられました。
 ここ15試合連続失点中の水戸は特に,試合開始直後の失点が多く,序盤の悪い流れで失点するいつものパターンかと思われました。

 そんなイヤな展開からチームを救ってくれたのは,MF橋本選手でした。
 16分,MF西岡選手が縦へ入れたボールを受けた橋本選手が倒されて得たFK。これを軸足を滑らせながらも直接ゴール右隅に流し込み,苦しんでいた水戸が先制。何とこれが水戸のファーストシュートでした。(苦笑)
画像
 その上,写真を撮っているときにレンズの前を(幼稚園ママ)が通過したため,折角のゴールシーンは殆ど写っていませんでした。orz

 これで少しは水戸の動きが良くなるかと思われましたが,その後も鳥取の勢いのある攻撃に苦しめられる展開。
 再三サイドを崩されたものの,ゴール前で跳ね返し続けました。DF陣とGK本間選手の踏ん張りがなければ何点取られていたことか・・・。
 とはいえ,何とか1点リードのまま前半を折り返すことが出来ました。結局前半の水戸のシュートは橋本選手のFK1本のみでした。(-_-)

 今日の主審は結構細かいところをジャッジする方で,鳥取は何回もファールスローを取られていたのですが,50分には,ちょっとよくわからないシーンがありました。
 水戸のホームページによれば本間選手の遅延行為となっているのですが,エリア内で間接FKを与えてしまいました。相手のシュートはブロックして何とかクリアしたものの,不可解な場面でした。(?_?)
 そうそう,56分には,何回か注意されていたにもかかわらず,テクニカルエリア外で指示を出していた水戸の河野GKコーチが退席となってしまいました。

 なかなか流れを掴めない展開が続いた78分,FW隆行選手からMF島田選手に交代,島田選手は久しぶりの出場。スタジアムで一緒になる親戚のおばさんが一押しの選手で,いつ復帰してくれるのかを気にされていたので,喜んでおりました。もちろん,他のサポーターも大歓声で迎えました。

画像
 そして耐えに耐えた88分,FKから相手DFのクリアボールを拾った西岡選手が中央をドリブル突破し,GKとの1対1から冷静に流し込んで追加点,勝負を決めてくれました。

画像
 前節,千葉にイヤな負け方をして,「J1昇格」は現実的にかなり厳しい状況に追い込まれてしまいました。このまま(例年どおり)ズルズル行ってしまうのか,それとも踏ん張って再び上位を目指すのかが問われる試合だったと思います。そんな中で,内容は悪いながらも,最後まで集中を切らさずに戦い抜いて勝ち点3を手に入れたということは大きかったと思います。
 そうそう,無失点は5/27の町田戦以来のことで,完封勝利となると5/3の岐阜戦以来と随分久しぶりのことになってしまいました。
 メンバーに関しては,今回欠場の小澤選手,途中で退いたMFロメロ・フランク選手,腰を気にしていたFW星原選手とケガが気になる選手が多くなってきました。
 せっかく島田選手も戻ってきてくれたので,リーグ戦最後の追い込みと天皇杯とまだまだ気の抜けない試合が続くので,これ以上のケガ人の増加は何とか避けたいですね。

 次は天皇杯を挟んでホームでの熊本戦。残念ながら橋本選手は出場停止になってしまいましたが尾本選手が出場停止明けで戻って来ます。わずかな可能性がある限りは勝ち続けて,上位陣にプレッシャーをかけていって貰いたいと思います。


画像
P.S.
 今回の入場者は3263人。鳥取のサポは少なかったので殆どが水戸のサポ,若しくは,常磐大学の関係者だったことが予想できます。
 そして,三女によれば,幼稚園の友達で普段から水戸の試合を見に来ているのは,自分を入れて3人とのこと。ということは,今回エスコートキッズとして参加した22人のうち19人は初来場だったということになります。その園児の両親等も一緒だったとすれば約60名以上が初来場だったと予想されます。
 その人達が今日の試合を見て,J2であっても面白いものだと思ってくれて,これからもスタジアムに来てくれるといいなぁと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J2水戸,2発快勝で12位浮上 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる