よろずな独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 1年5ヶ月ぶりのかみね動物園

<<   作成日時 : 2012/09/16 22:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 8月18日に生まれたライオンの赤ちゃんに触れ合える最後の機会ということで,いってきましたかみね動物園。同じくライオンの赤ちゃんに会いに行った昨年の4月16日以来,1年5ヶ月ぶりでした。

 時折雨が降ったと思ったら,日が出たりという不安定な天候でしたが,強めの雨に降られたのは,入場直前と帰ろうとして退場したとき位でした。
 さて今回は,前回のようにライオンの赤ちゃんを抱っこしたりすることは出来ませんでしたが,飼育員さんが近くまで連れて来てくれたので,背中をなでたり,肉球をプニプニすることができました。
 四女は遠くで見ている内は御機嫌でしたが,近くに来たときには腰が思いっきり引いいて,最後には逃げてしまいました。(笑)
 因みに今回生まれた四頭のライオンは,5月にが亡くなった「ウィル」の忘れ形見ということになります。写真は,長女が撮影したものです。

 細かくいえば他にも色々ありましたが,今回あったこといくつか書かせていただきます。

 1年5ヶ月前になかったものとしては,ふれあい広場手前の展示スペースに,新たに小屋が建っていました。震災復興のための寄附で建設されたそうです。
 このスペースの入口ゲートには,リスが動けるようなパイプが設置されていたり,震災のために取り壊された小屋の跡地には,アライグマ等の展示スペースが出来ていて,そこに設置された木から小屋まで網の通路が伸びていて,動き回る動物達を見ることができるようになっていました。
 そうそう,4月に新築された熊舎「クマのすみか」も見てきました。因みにこの「クマのすみか」,公式ホームページの園内地図にはまだアップされていません。(笑)

 私としては,6月にゴリラの「ダイスケ」が亡くなってしまい,ゴリラを一頭も見られなかったのが淋しかったですね。

 そして,今回非常に頭に来たことがありました。
 昨年訪れたときは,オープンして間もなかった「サルの楽園」。放し飼いにされているリスザルを間近に見ることもできる場所ですが,放し飼いにされているからこそ入口には注意書が立っています。
 その中の一つに「タバコやお菓子などがポケットから出てないように。」という趣旨の注意書があるのですが,私達家族の直ぐ後に入ってきたカップルの男性のポケットからタバコが覗いていたようで,私達の近くまで来ていたリスザルがそれを奪って行ってしまいました。(皆さん御存知のとおり,タバコの誤飲はニコチンによる中毒を引き起こす可能性があります。)
 その現場を見た私達家族や,周りにいた人達は,飼育員さんにその旨をお伝えしました。タバコは箱の中からも出てしまい,何頭ものリスザルが持って行ってしまったので,一時パニック状態になってしまいました。
 それを見た四女がびっくりしてしまい泣き出してしまったため,私達家族はその場を離れてしまいましたが,原因となったカップルはさっさといなくなっていました。
 ホームページを見ると,特に訃報等は出ていないので大丈夫だとは思いますが,あのリスザル達が気がかりです。

 それよりも,ルールを守れよ!!

 一部の心ない利用者の所為で,今後の展示方針が変わってしまうかもしれませんし,何らかの不自由なルールが新設されてしまうかもしれません。
 自分達も改めてルールを守らなければと思いながら,帰宅の途についたのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1年5ヶ月ぶりのかみね動物園 よろずな独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる