Green Bay,14年ぶりに王座奪還!!

画像

 午前中,リアルタイムでSuper Bowlを見ていたのですが,午後からはパソコンがドック入りしてしまったので,更新ができませんでした。夜には上がった旨の連絡があったのですが,子供達の食事や入浴などの対応をしていたら取りに行けなかったもので・・・。(苦笑)


 開催直前の1週間近く,Texasでは珍しい寒波の影響を受けたというニュースがありましたが,当日もKickoff直前でも仮設スタンドが完成せずに1250人もの観客に席がないというトラブルが発生,更には,国歌斉唱でChristina Aguileraが歌詞を間違えるという波乱(?)続きの中始まったSuper Bowl。内容も波乱に満ちた,それでいて,見ていて楽しかったこの試合,Green Bay PackersがPittsburgh Steelersを31-25で下し,第31回以来となる14年ぶり4度目の優勝を決めて,Vince Lombardi TrophyをGreen Bayの地に取り戻しました。

 さて試合の方ですが,最初にリードを奪ったのはGB。第1Q残り3:4,QBのAaron Rodgersから29yardsのPassをWRのJordy Nelsonが受けて先制TD。
 更に,直後の相手攻撃シリーズのファーストプレイで,FSのNick Collinsが37yardsのINT Return TDのBigPlayを決めて点差を広げました。
 第2QにはFGで3点を返された後の残り4:35,CB Jarrett BushのInterceptで攻撃権を奪うと,Rodgersがまたも21yardsのTD PassをWRのGreg Jenningsに通して21-3と大きくリードしました。
 しかし,PITもここから反撃。前半終了間際にQBのBen RoethlisbergerがWRのHines Wardに8yardsのTD Passを通すと,第3QにはRBのRashard Mendenhallが8yardsのTD Run。17-21として一気に4点差まで迫ります。
 次のGBのOffense SeriesはThree and OutでPunt。これを受けたPIT。試合の流れも完全に引き寄せたかとも思われましたが思うように進めず,残り4:35,52yardsのFG AttemptをKのShaun Suishamが左に外してしまいました。
 今度は流れはGBに傾くかと思われましたが,お互いにThree and Out(GB2回,PIT1回)を繰り返しPITのOffenseで第4Qへ。
 第4Qの開始直後,PITのMendenhallが痛恨のFumble。自陣45yard地点から攻撃を開始したGBは,このチャンスにRodgersがこの日3本目のTD PassをJenningsへ通し,28-17と再びリードを開きます。
 これで決まるかと思いきや,このままでは終わらないのが今年のSuper Bowl。PITは直後のOffenseで,RoethlisbergerがWRのMike Wallaceに25yards TD Passを決めると,さらにTwo-Point Conversionも決めて得点差は僅か3点に。
 GBは追い上げられて嫌な雰囲気でしたたが,Rodgersが粘り強さを見せ,31yards,21yardsとLong Passを決めて敵陣に攻め込み,Two-Minute Warningの直前,残り2:10に23yardsのFGを決めて6点差にしました。
 PITは,Timeoutが一つしか残っておらず,Kickoff Returnに時間を掛けてしまってTwo-Minute Warningになってしまったため,時計を止めるのが難しい展開になってしまいました。しかも,Returnの際にUnnecessary Roughnessがあったため,自陣13yard地点からという厳しい状況の中,TDを狙ってのOffenseでしたが,5プレイ後の自陣33yards地点で4thdown-and-5に追い込まれ,RoethlisbergerのPassが叩き落されて試合終了となってしまいました。
画像
 両QBを比較した場合,MVPを受賞したGBのRodgersがPass39回中24回成功で304yards,3TD,0INT,Passer rating111.5と安定していたのに対し,PITのRoethlisbergerはPass40回中25回成功で263yards,2TD,2INT,Passer rating77.4とやはりInterceptが痛かったですね。数字だけ見れば,Total First DownsもThird Down EfficiencyもTotal Net YardsもTime of PossessionもPITの方が上回っているのに,結局,Fumble Recoverも含めたTurnover3回全てがTouchdownに繋がるという,Missをした方が負けるという勝負事の鉄則が照明された試合になってしまいましたねぇ。
 PITは雪辱を晴らしたいところだと思いますが,近年のNFLでは,第28回(1993年シーズン)のBuffalo Billsを最後に,Super Bowlに敗れたチームが翌年のSuper Bowlの舞台に戻ってきた例がないそうです。果たしてどうなることやら。
 一方のGBですが,Brett Favreを2008年に放出して若返りを図り,Rodgersをエースに立ててわずか3年で頂点に返り咲きました。今季は故障者が出るなど苦戦し,Playoffsへはギリギリの第6シードで滑り込みましたが,全て敵地での連戦を勝ち抜いてSuper Bowlに進出,2005年シーズンのPIT以来となる第6シードからのSuper Bowl Championとなりました。

 そうそう,試合とは直接関係ありませんが,Cowboys Stadiumのドームが閉まっていたにも係わらず,いつものとおり国歌の最後のところで空軍機がFly Passしましたねぇ。球場内の人には音しか聞こえないでしょうに。周辺でパブリックビューイングを見ていた人達向け?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年02月15日 21:10
 TBありがとうございました。
 今年の試合は簡単に終わりませんでしたね。外野では色々とあったんですか。
2011年02月15日 21:28
 ここ数年は,最後の最後までもつれる試合が多いですよね。(以前はワンサイドゲームになることが多かったようなイメージがありましたが。)
 そういえば,今年は怪しげなことは無かったような気がします。(苦笑)

この記事へのトラックバック