劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

画像
 今日はNHK-BSでMondayNightGameが放送される予定だったのに,セリーグの優勝が決まるかもしれないため放送は無し。私にとってはどうでもいいのに。

 さて,今日は娘達が運動会の代休で私の休みと重なったので,ウルトラマンシリーズ誕生40周年作品「劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を見に行ってきました。(写真はパンフレットです。例によって著作物なので,画像を荒らしてあります。)
 まだ公開中のため,いつものとおり細かいことは述べませんが,面白かったですねぇ。いやぁ,よかったです。素直に感動して,元々涙もろい私は,ところどころ涙腺が潤んでしまいました。

 まずOPのタイトルも出る前,所謂プロローグでのウルトラ4兄弟(初代マン,セブン,新マン,エース)とヤプール&究極超獣Uキラーザウルスとの戦い。この時点から,板野サーカスが早くも全開!!あの「缶チューハイ」ミサイルを思い出してしまいました。(古い)
 しかも,初代マンの顔が「Aタイプ」!Cタイプの顔になれている今の若い人達には,新鮮かもしれませんね。
 神戸の海に,取り敢えず究極超獣Uキラーザウルスを封印。神戸といえば,ウルトラセブン「ウルトラ警備隊,西へ」のキングジョーとの対戦が思い出されます。
 そして,あの懐かしい初代マン風のOP(ウルトラQのOPが割れてウルトラマンのタイトルになるあれです。)も,また熱くなります。

 ミライと人間体のウルトラ4兄弟の再会のシーンもよかったですね。あそこでも目頭が熱く鳴ってしまいました。
 ハヤタの襟に付いている科特隊ピンバッジ,郷のブルゾンの胸に貼ってあるMATのワッペン,北斗のスカーフと右襟に付いているTACのピンバッジもよかったですねぇ。ダンは,カウボーイハットの何処かにウルトラ警備隊のピンバッジでも付いていたんでしょうか?
 そして,4兄弟たちが変身の決断を迫られるシーンの掛け合い,本当に短いシーンでしたが,それぞれの個性が表れていて,その後の変身を見たときには,恥ずかしながら心の汗が目から流れ落ちてしまいました。娘達にはばれなかったと思いますが。(;^_^A アセアセ…

 敵の宇宙人も,ヤプール=玄田(岩鬼)哲章氏,ザラブ星人=青野(真田さん)武氏,ガッツ星人,ナックル星人=中尾(バイキンマン)隆聖氏,テンペラー星人=郷里(ダイノガイスト)大輔氏とおいしいとこ取り。
 ニセウルトラマンメビウスの設定が,また懐かしかったですね。あの目つきの悪さ,黒い縁取り,尖ったつま先等,偽物の基本(?)がよく押さえられていましたね。
 目つきの悪さといえば,サコミズ隊長の「目つきが悪い。」と冷静に見破る台詞,思わず吹き出してしまいました。

 そうそう,キャストといえば,スケジュールの都合らしいのですが,タロウ人間体の東光太郎(篠田三郎氏)の出演がなかったのは残念でした。そのため,声は「ウルトラマン物語」の時の石丸(ジャッキー)博也氏でした。因みに,ゾフィーの声は田中(山田太郎)秀幸氏でした。
 エンディングに本編の名場面の後,ウルトラマンシリーズ40周年記念パーティの映像が流れます。桜井ひろ子さん(フジ隊員),ひし美ゆり子さん(アンヌ隊員),星光子さん(南夕子隊員),皆さんお変わりなくお美しかったです。そして,南猛隊員の池田(キカイダー01)駿介氏も凛々しかったですね。本編にも出演していただきたかったですね。

 この映画のメッセージは,
「我々ウルトラマンは決して神ではない。どんなに頑張ろうと,救えない命もあれば,届かない思いもある。」
「大切なのは,最後まで諦めないことだ。」
「信じる力が勇気になるんだ。」

という,昔からこのシリーズに流れてきたこれらのセリフに現れているのではないでしょうか?
 ともかく,熱い映画だったのは間違いありません。子供だけでなく,ウルトラマンを見たことがある方なら楽しめる映画なのではないでしょうか。オススメです。

 最後に,突っ込み処をいくつか。
・「メビナビ」で「CREW GUYSの活躍を見逃すな。」といってますが,どこのことでしょうか?サコミズ隊長が,ザラブ星人が変身していたニセメビウスを「目つきが悪い。」の一言で見破ったところでしょうか?(笑)
・究極超獣Uキラーザウルス・ネオとの戦闘ですが,ウルトラ兄弟の方々3分越えて戦ってませんでした?しかも,太陽の光が届かないのに。

 因みに,三女の世話のために見に行けなかったK子さんから,「DVDが出たら見たい!」と既に言われています。・・・,DVD発売されたら買っちゃおうかなぁ。

"劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント